シト 新生。 新生モードが判明!P新世紀エヴァンゲリオン~シト、新生~が登場!

新生モードが判明!P新世紀エヴァンゲリオン~シト、新生~が登場!

シト 新生

今回はパチンコの新世紀エヴァンゲリオン~シト、新生~の右打ちランプを発見・・・したんですけど打てませんでしたw 発見したんですけどあれはなかなか拾えなさそうですね~。 理由は 暴れん坊将軍みたいに右打ちランプ点灯で即告知っぽいですね~。 画面が右打ち指示しててしかも暴れん坊将軍と違うのは画面がブラックアウトしててそこに右打ち指示が表示されているのでかなり目立つんですよね~。 暴れん坊将軍もけっこう目立ちますがそれ以上に目立つんでなかなか拾えなさそう。 エヴァっていうことで導入台数とか稼働率的にも拾える機会ありそうと思ったんですけどね~。 そして発見したのに拾えなかった理由が・・・ 店員が台を確保(お呼び出し中的なカードが置かれていた)して時間経過でラムクリされたからですね~。 享楽とかと違って目立つんで仕方ないですがこれはひどい・・・ っというワケで小当たりラッシュのある機種はちょいちょい導入されてますけどこういった機種ばっか増えるんですかね~。 こうなると拾うのはかなり厳しそうですね・・・ っと長くなりましたがエヴァは打てなかったですがスロットはけっこうおいしい台を拾えました!! ルパン三世~イタリアの夢~ 90G(前日13G、前々日1G、3日前52G)~ 稼働地域をもどして以前のように近所のホールで打つことに。 理由は以前の地域は状況はかなり甘いし等価や再プレイ上限なしだったんですが車で片道30分。 (帰りは20分くらい) さらに店移動も加えると1日1時間半くらいは車の運転で体力的にも厳しいので近所のホールで打つことに。 非等価で再プレイ上限が500枚のホールばかりですが移動時間も少ないしガソリン代も少なくて済むし何より6号機の甘い機種がバンバン導入されたんで近所のホールでもおいしい台拾えるのでは?っと思い稼働地域をもどしました。 っというワケで気合いを入れて朝から稼働。 他のルパンは全台0Gで有利区間ランプ点灯しているので据え置きですね~。 っと打ち出すと当日150G超えても不二子ポイントの高確反応なしなんでリセットですね・・・ 当日186Gで開始されたんで前々日リセットですね・・・ 結果は当日434Gにマックスボーナス単発。 有利区間継続して301Gに強チェリーからルパンボーナス単発でランプ消えて止め。 北斗の拳 天昇 1G(前回639G 1スルー)~ 237Gで当たりラッシュ突入で -----スポンサードリンク----- 北斗やっぱおもろい!! 北斗の拳 天昇 318G~ 643Gで当たりラッシュ突入で まぁまぁラッシュ入れば何でもOKですね!! 北斗の拳 天昇 3G(前回442G 1スルー)~ 415Gで当たるもラッシュ突入なしで止め。 聖闘士星矢 海皇覚醒SP 487G~ これが700Gで不屈オーラ大!!(不屈解放確定=ラッシュ確定) 736G(天井)で当たりラッシュ突入!! 初期ストック2個でしたが強レア役のヒキが良くてエンディングモロタと思ったんですが・・・ 案外伸びずでした・・・ エウレカ3 319G~ 516Gで周期から当たりノーマルBIG当選もAT突入なしで止め。 まだ夕方でしたが眠すぎたのでこれにて帰宅。 そっちのほうが体力的にも精神的にも楽ですからね~。 楽しみながら気楽にパチスロ打てますからね~。

次の

【パチンコ】新世紀エヴァンゲリオン~シト、新生~の右打ちランプ点灯台を発見したんだけど...

シト 新生

『新世紀エヴァンゲリオン劇場版シト新生』は、TVアニメシリーズの総集編とリメイク版の2部作になっている作品です。 実はTVアニメシリーズ最終回の前に前編となる『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生 DEATH編』が公開されました。 劇場版でも『新世紀エヴァンゲリオン』が公開されたのには大きな理由がありました。 それは 制作上の都合で、物語を完結させることができなかったというもの。 実際にTVアニメシリーズでは、24話までの伏線や謎の回収がまったくされず終了しました。 これは制作陣ですら理解しているため、同作は『新世紀エヴァンゲリオン』を完結させるための映画といえるでしょう。 それぞれどのような物語となっているのかを解説します。 『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』「REBIRTH」編 「REBIRTH」編は『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』の後半となる作品です。 これは「REBIRTH」編の制作が公開予定日に間に合わなかったことが原因に。 公開1か月前に緊急記者会見が開かれ、総監督である庵野秀明が謝罪したほどです。 本来であれば「REBIRTH」編で完結する予定だった『新世紀エヴァンゲリオン』。 TVアニメ放送が難解な終わり方となり、劇場版も制作に遅れがでてしまいました。 完全新作の物語では、最後の使徒である渚カヲルを殺したシンジのその後と、人類補完計画の行く末が描かれます。 社会現象を巻き起こし、大きな物議を醸しだした話題作は、いったいどんな終わりを迎えたのでしょうか?その内容を紹介していきましょう。 親友であるカヲルを自分の手で殺し、アスカに希望を見出そうとしても、彼女は植物状態のままなにも反応しません。 一方ですべての使徒を殲滅したNERVでしたが、 ゼーレはサードインパクトを起こそうと画策していました。 これによってNERVはゼーレの命令で動く戦略自衛隊の攻撃を受けることになります。 建物施設は攻め込まれて占拠され、やがて隊員が生きる意思を失ってしまったシンジを発見して殺そうとします。 しかしその寸前でミサトが救出し、シンジに「エヴァに乗って戦いなさい」と言い残すのでした。 またNERVが混乱に陥っている最中、アスカが目を覚まして覚醒します。 弐号機を動かせるようにもなり、攻め込んできた自衛隊を次々と撃破。 しかしゼーレは次の手を打っており、エヴァ量産型を9体投入していきます。 アスカは迎撃するために戦いますが、相手の数の多さの前に圧倒されてしまうのでした。 『エヴァンゲリオン』に登場する組織を解説! 戦う理由や目的とは? 『エヴァンゲリオン』シリーズでは、シンジたちエヴァパイロットや使徒など、多くの固有名詞が登場します。 そのなかで 組織も多く登場しますが、ここでは重要な3つの組織について取り上げましょう。 TVアニメシリーズにも登場する「NERV」と「SEELE」。 そして『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』から登場した「WILEE」は、どのような目的を持っているのでしょうか? 各組織の思惑や動向によって、シンジたちパイロットは動かされています。 世界を動かしているともいえる3組織について、詳しく見ていくことにしましょう。 サードインパクトを防ぐために戦う「特務機関NERV」 シンジやレイ、アスカたちエヴァパイロットが所属しているのが、「特務機関NERV(ネルフ)」となります。 使徒の殲滅を目的としており、人類が滅ぶ可能性がある「サードインパクト」を阻止するために活動をしています。 NERV本部の最高責任者が、シンジの父親であるゲンドウ。 副官に冬月コウゾウがいて、2人は上層組織である「SEELE」とは異なる企みを持って活動しています。 また職員には、作戦の立案や実行などの指揮を出すミサト、エヴァンゲリオンの機体メンテナンスやパイロットのメディカルチェックなどを担当するリツコなどが在籍。 ほかにもオペレーターには伊吹マヤ・日向マコト・青葉シゲルといった面々がいます。 人類補完計画を推し進める「SEELE」 国連を隠れ蓑にして活動をしているのが、秘密結社「SEELE(ゼーレ)」です。 最終目標を「人類補完計画の達成」としており、預言書「裏死海文書」に書かれているシナリオに基づいて行動しています。 物語の開始から15年前に起こった「セカンドインパクト」は、SEELEによって人為的に引き起こされた大災害でした。 そしてエヴァシリーズと使徒の戦いも、すべては人類補完計画の過程にすぎません。 SEELEを構成しているメンバーは12人で、最高議長はキール・ローレンツと呼ばれる人物。 しかし姿を見せたことがあるのはキールくらいのもので、ほかのメンバーは基本的にホログラムのモノリスを表示させ、音声のみでやりとりをしています。 また、 TVアニメシリーズと『新劇場版』ではSEELEのシンボルマークが異なっています。 いずれにしても、世界を裏で操って人類補完計画を推し進めているという点では変わりありません。 反NERVのために結成された「WILLE」 『新劇場版』から登場する、反NERVを目的とした組織が「WILLE(ヴィレ)」。 ミサトたち旧NERV職員を中心に結成されており、アスカやマリといったエヴァパイロットも在籍しています。 WILLEの目的は「NERV製エヴァンゲリオンシリーズの破壊」と「フォースインパクトの阻止」となっています。 そのための戦力として、エヴァ弐号機と8号機、旗艦であるAAAヴンダーを保有。 しかし全員がNERV職員のように専門的な能力を持っているわけではありません。 軍と民間人の混成組織であり、訓練を受けていない民間人ですらブリッジ要員に登用されている状況にあります。 また、ミサト以外のWILLEのメンバーは青いスカーフを身につけているのが特徴となります。 当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。 合わせて読みたい• このニュースに関連する作品と動画配信サービス.

次の

【懐かしの演出が復刻!】新世紀エヴァンゲリオン 〜 シト、新生 〜(エヴァ14)

シト 新生

『』の劇場版第1弾である。 本作は、TVシリーズ(第壱話〜第弐拾四話)の再構成である 『DEATH』編と、第弐拾伍話の(実態は完全新作)の前半部分 『REBIRTH』編の2部構成となっている。 略称は「 シト新生」、「 春エヴァ」、「 デスリバ」。 同時上映は『』(約10分)。 概要 [ ] 主人公たちの内面を描いたTVシリーズ第弐拾伍話と最終話の2話は、TVシリーズ第弐拾四話までの伏線や謎の回収を完全に放棄しており、一般的な作劇の方法から見れば物語の完結と言えるものではなかった。 本作のパンフレットなどによれば、製作者もそのことは承知していたようである。 そのため、TVシリーズ放映終了1か月後の1996年4月に、最終2話は当初の脚本に沿った形でリメイクし、すでに順次発売されていたとで ソフトとして発売すること、次いで最終2話のリメイクとは別の 完全新作の劇場版の製作・公開が発表された。 その後、この2つの企画は連動し、1996年11月1日に東京都内において記者会見が開かれ、そこで1997年春にTVシリーズの総集編とリメイク版第25話・第26話をセットにした完結編『 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』が、同年夏には 完全新作の劇場版が公開されることが発表された。 及び、会長は「劇場版エヴァンゲリオンは、の方から持ち込まれ、ぜひ東映でして欲しいということで始めたものです。 最初は20~30の劇場で上映を始めたんです。 それが、だんだん上映する映画館が増え、150館を超えるようになった。 それで、あっという間にが11億円にまでいってしまった。 支援団体から『けしからん、まだ完結してないじゃないか。 監督は何をやっている、完結編を早く作れ』ということになって、急遽完結編を作ることになった」 、「『』と『エヴァンゲリオン』は東映で作ってもよくて5億か6億円と普通の数字しか達成できないと判断し、非常に情熱があったに全部任せたんです」と述べている。 前売券発売開始日の1996年11月23日には、早朝からオリジナル付きの前売券を購入するファンが行列を作り、一般メディアでも報道された。 映画公開前には20万枚以上も売れ、当時の前売券の日本記録を更新したとされる。 しかし、『REBIRTH』編の完成は当初の公開時期に設定されていた1997年春には間に合わないことが事前に判明したため、劇場公開1か月前の1997年2月14日に緊急記者会見が開かれた。 その席上で総監督の庵野秀明が謝罪を行い、春の映画では『DEATH』編と制作途中の『REBIRTH』編が公開され、夏に完全版『REBIRTH』編となる『 』が公開されることが発表された。 すでに販売されていた春の映画の前売券は、未使用の券に限り夏の映画でも有効との措置が採られた。 上記のような制作上の遅延もあり、『エヴァンゲリオン』は「まごころを、君に」をもって完結とされ、当初予定されていた「完全新作の劇場版」は制作されずに終わった。 後に、2014年ののインタビューで庵野秀明自身から「完全新作の劇場版」についての当初のプロットを明かしており、本人曰く「『』とそっくり」な内容だったという。 『DEATH』編 [ ] Production I. GとGAINAXにより、TVシリーズ(第壱話 - 第弐拾四話)を再構成・一部修正して新作シーンが追加された総集編である。 しかし、物語の時系列を無視してまとめたものであるため、TVシリーズを視聴していないと物語の理解は難しい。 『DEATH』編は、後に修正版『 DEATH TRUE 』( オンエア版)と再修正版『 DEATH TRUE 2』( 1998年公開『REVIVAL OF EVANGELION』版)が公開され、VHS・LD化の際にも再修正版『 DEATH TRUE 2』が収録された。 劇場公開された『DEATH』編で制作された新作シーンの多くは後の修正版でカットされ、VHS版やLD版で増補された第弐拾壱話 - 第弐拾四話に転用されている。 この修正版でカットされたシーンは、から発刊された本作のフィルムブック(『DEATH』編のみの収録)で確認できる。 にリニューアル版が発売された際には、VHS・LD・DVD(1998年11月22日発売)に収録されている第弐拾壱話 - 第弐拾四話を「ビデオフォーマット版」 として『DEATH』編の追加カットが収録されている。 深夜(未明)には、『』(、)で「エヴァまつり」 の一環として『 DEATH TRUE 2 TV版』が初放送された。 2015年8月26日に発売された には劇場公開版の『DEATH』編が初収録されたほか、同時発売されたDVD-BOX にはWOWOWオンエア版の『DEATH TRUE 』が収録された。 いずれも、初のソフト化である。 『REBIRTH』編 [ ] 『REBIRTH』編は、上記の理由によりリメイク版第25話「Air」の前半部分までの公開となった。 内容はリメイク版第25話「Air」と同じであるが EVAシリーズ(EVA量産機)が輸送機から投下され上空を旋回している場面で、劇場版シト新生の主題歌である「」が流れはじめ、スタッフロールとなる。 このため映像ソフトで『REBIRTH』編を視聴することが出来るのは長い間VHS・LD版及びリニューアルされる以前のDVDのみであったが、2015年8月26日に発売されたBlu-ray BOXとDVD BOXに『REBIRTH』編が再収録された。 ストーリーについての詳細は、『』を参照。 劇中使用曲 [ ] 『DEATH』編• BWV1007『』 - 『DEATH』編オープニングタイトルロール• BWV1006『』より「ロンド風ガヴォット」- 『DEATH』編挿入曲• 「」 - 『DEATH』編エンディングタイトルロール• 「 」 - 43秒バージョン、リニューアル版STAFFのスタッフロール、DVDのみ収録 『REBIRTH』編• 「」 - シト新生主題歌、『REBIRTH』編エンディングタイトルロール スタッフ [ ]• 企画:• 原作:GAINAX、• 総監督:庵野秀明• 監督:(DEATH)、(REBIRTH)• 製作:、池口頌夫、、倉益琢眞• 製作補:、• プロデューサー:• 演出助手• (DEATH):千葉大輔、津留洋子、安藤健• (REBIRTH):、安藤健• 構成:(DEATH)• (DEATH):薩川昭夫、庵野秀明• (REBIRTH):庵野秀明• メカニックデザイン:、庵野秀明• エヴァンゲリオンコンセプトデザイン:山下いくと• エヴァシリーズデザイン:• 作画監督• (DEATH):摩砂雪、貞本義行、庵野秀明• (REBIRTH):(キャラクター)、本田雄(メカニック)• 美術監督:• 撮影監督:• 撮影:• 音響監督:• 音楽:• 録音調整:小原吉男• 編集:三木幸子• アニメーション制作:、GAINAX• 製作:EVA製作委員会(、Project Eva. 、GAINAX、、、)• 配給:東映 前売券 [ ] 第1弾前売券 テレホンカード付の前売券。 「綾波レイ」と「惣流・アスカ・ラングレー」の2種類。 1996年11月23日より全国上映館窓口にて販売された。 第2弾前売券 ポスター付きの前売券。 1996年12月21日より全国上映館窓口にて販売された。 第3弾前売券 ビデオ付きの前売券。 劇場版予告編などが収録されたオリジナルビデオ『NEON GENESIS EVANGELION THE LIGHT FROM THE DARKNESS GENESIS 0:0'』。 1997年1月25日より全国上映館窓口にて販売された。 前売券付きCD 1996年12月21日発売のアルバムCD『』の初回限定版において、本作品の特別前売券付きのものが発売された。 予告編 [ ] 第1弾にはの『』第4楽章が使用されている。 内容はTVシリーズの映像をつなぎ合わせたものとなっている。 第2弾にはの『』より「怒りの日 Dies irae 」が使用されている。 内容は演出にフラッシュカットが多用されているほか、『REBIRTH』編の絵コンテや映像、台詞なども入っている。 『シト新生』の劇場公開に先駆けて発売されたアルバムCD『』には、ミサト、レイ、アスカのそれぞれによる劇場版予告が収録されている。 リリース [ ]• VHS• VHS・LD• 新世紀エヴァンゲリオン 劇場版BOX - 1998年12月23日• DVD• 新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 - 1999年9月22日• 新世紀エヴァンゲリオン SECOND IMPACT BOX 下巻 - 2001年6月22日• 新世紀エヴァンゲリオンTV放映版DVD BOX ARCHIVES OF EVANGELION - 2015年8月26日• Blu-ray• 新世紀エヴァンゲリオンBlu-ray BOX NEON GENESIS EVANGELION Blu-ray BOX - 2015年8月26日• 新世紀エヴァンゲリオンBlu-ray BOX STANDARD EDITION NEON GENESIS EVANGELION Blu-ray BOX STANDARD EDITION - 2019年7月24日• - 1997年6月11日 受賞歴 [ ]• 第2回会場特別賞• 第15回優秀銀賞 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 、Project Eva. 、、、、東映• 上映日 2014年10月27日及び2014年10月30日、上映時間160分。 1998年11月22日にDVDで発売された『新世紀エヴァンゲリオン Volume 6』はVHS・LD版に収録されたものが収録されている。 『』()での『新劇場版』の3週連続放送。 新世紀エヴァンゲリオンBlu-ray BOX NEON GENESIS EVANGELION Blu-ray BOX• 新世紀エヴァンゲリオンTV放映版DVD BOX ARCHIVES OF EVANGELION• 2015年8月28日から2015年8月29日までテレビシリーズ第壱話 - 第拾参話と同時上映。 タイトルは『EVANGELION :REBIRTH』と表記。 さらに夏に公開された第25話「Air」には作中にが入るが『REBIRTH』編では入らない。 第25話「Air」は作画の修正と削除があり、、、も録り直されている。 前売券購入者特典。 劇場版予告編などを収録。 出典 [ ]• 小黒祐一郎 2006年6月23日. WEBアニメスタイル. スタイル. 2016年1月18日閲覧。 東宝会長の『これからの映画づくり』」『』、財界研究所、1997年9月9日号、 62-65頁。 竹本隆 公式サイト. 2016年3月25日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年1月18日閲覧。 シネマトゥデイ 2014年10月28日. 2016年1月18日閲覧。 第27回東京国際映画祭. ユニジャパン東京国際映画祭事務局. 2016年1月18日閲覧。 ORICON STYLE. オリコン 2014年7月18日. 2016年1月18日閲覧。 映画天国. 日本テレビ. 2016年1月18日閲覧。 最新情報. 2015年8月20日. 2016年1月18日閲覧。 GAINAX OFFICIAL NEWS(OCTOBER). ガイナックス 1996年10月25日. 1997年2月15日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年1月18日閲覧。 GAINAX OFFICIAL NEWS(DECEMBER). ガイナックス 1996年12月26日. 1997年2月15日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年1月18日閲覧。 GAINAX OFFICIAL NEWS. ガイナックス 1997年1月24日. 1997年2月4日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年1月18日閲覧。 外部リンク [ ]• - 日本映画情報システム• - 日本映画情報システム• - (英語)• - (英語).

次の