し ぬこ 炎上。 ぱるぱるが彼女と別れた理由がヤバイ!何者か炎上や本名や事件について調べた!

炎上 (ネット用語)

し ぬこ 炎上

本稿では、近年多く発生している炎上の実態と、炎上に加担している人の属性について、実証分析によって以下6つの仮説検証を行う。 つまり、近年多く炎上が発生しており、心理的・金銭的被害が出ているが、実際に炎上に加担している人は非常に少なく、具体的には約1. また、2011年-2014年にかけての炎上件数は、いずれも年間200件程度であった。 次に、計量経済学的分析の結果、炎上加担行動に対して、「男性」「年収」「子持ち」「インターネット上でいやな思いをしたことがある」「インターネット上では非難しあって良いと思う」等の変数が有意に正の影響を与えていた一方、「学歴」や「インターネット利用時間」等の変数は有意な影響を与えていなかった。 In this paper, I perform the six hypotheses testing about flaming actual situation and flaming participants' characteristics by empirical analysis. Flaming is defined that slander comments rush to social media for the speech content and actions of a person. The number of flaming has increased in recent years. II Flaming is more likely to occur in companies. III. The number of flaming participants is small. Flaming participants are heavy Internet users. Flaming participants have less annual income. Flaming participants believe that may be acceptable to insult others on the Internet. First, based on an analysis of the descriptive statistics, hypothesis I - III were all confirmed. In other words, a lot of flaming has occurred and caused damage to human psychologies and corporate revenues in recent years, however, the number of flaming participants was very small. It was about 1. In addition, the number of flaming was 200 per year. Second, on the basis of the econometric analysis it was found that the five variables, "male", "annual income", "having children", "having unpleasant feelings on the Internet" and "may be acceptable to insult others on the Internet" were associated with flaming participation behavior. On the other hand, the variables such as "education" and "Internet time" had no significant effect. From these facts, while the hypothesis VI was supported, IV and V were rejected.

次の

Qiita はなぜここまで退会炎上したのか?|横江 as a なんとか|note

し ぬこ 炎上

著者プロフィール:増沢隆太(ますざわ・りゅうた): 株式会社RMロンドンパートナーズ代表取締役。 キャリアとコミュニケーションの専門家として、芸能人や政治家の謝罪会見などをコミュニケーションや危機管理の視点で、テレビ、ラジオ、新聞等において解説している。 大学や企業でのキャリア開発やコミュニケーション講座を全国で展開中。 著書「謝罪の作法」他多数。 Twitterで発祥し、ついにはネットニュース、テレビでまで報道された「100日後に死ぬワニ」が完結しました。 感動的なエンディングで終わるかに見えたこの話。 ところが今現在は批判で大炎上状態になっています。 どうしたんでしょう? 危篤の知らせで葬儀屋まで呼んじゃった 早すぎる! 早すぎるんです、課金が。 Twitter発のマンガ「100日後に死ぬワニ」は評判が評判を呼び、大人気コンテンツになりました。 このタイトルこそカギで、私含め読者はこのほのぼのストーリーがどんな帰結を迎えるのが、最初から全員わかっています。 ストーリーがほのぼのであればあるほど、このタイトルは強烈に関心をひっぱるすごいものだと、伊集院光さんもラジオで画期的な構成を褒めていました。 Twitterのような無料メディアから注目を集め、それがメジャーなコンテンツとして成長していくことはネット時代ならではのサクセスストーリー。 ましてファンから熱い支持を受けていた以上、感動の大団円となるはずでした。 なぜ炎上してしまったかといえば、最終回に連続して、この作品の出版、映画化、歌手いきものがかりとのコラボ動画と、これでもかというほどマネタイズ(課金)情報が発表されたからです。 早すぎる金儲けに、感動にひたったファンから猛然と批判の炎が燃え上がりました。 危篤の知らせに医者だけでなく、葬儀屋さんまで用意してしまうような利きすぎる機転が批判の矛先です。 関連記事• 国民的アニメの主人公は、どんな家に住んでいるのでしょうか? 『サザエさん』『ドラえもん』『ちびまる子ちゃん』『クレヨンしんちゃん』の自宅を査定したところ……。 「ヒシンタク」という受水槽をご存じだろうか。 業界シェアトップの三菱ケミカルインフラテックが「ヒシタンクのプラモデル」をつくったところ、ネット上で話題に。 同社の担当者に、その狙いを聞いたところ……。 渋谷駅から徒歩5分ほどのところに、ちょっと変わったカプセルホテルが誕生した。 その名は「The Millennials Shibuya」。 カプセルホテルといえば安全性などを理由に、男女別フロアを設けるところが多いが、ここは違う。 あえて「男女混合フロア」を取り入れているのだ。 その狙いは……。 香港アクション映画の象徴的存在、ジャッキー・チェンのイメージダウンが止まらない。 隠し子である「娘」の振る舞いや、自伝で語られた「ダメ人間」ぶりなどが欧米やアジアで話題になっている。 私たちのヒーローだったジャッキーに何が起きているのか。 関連リンク•

次の

セクシー路線で有名な「人気格闘ゲーム」が大炎上した理由(下)

し ぬこ 炎上

極めつけは、2019年12月に起きた、さくらインターネットへの不満の記事を Qiita 側で勝手に非公開にした一件だ。 「さくらインターネット側が公開停止要請をしたのでは?」と騒がれたが、Qiita が独自判断で非公開にしたとわかり、真摯に対応をしようとしていたさくらインターネットにまで迷惑をかけてしまう結果となった。 管理社会としての姿 エンジニアは、コミュニティーのために情報共有をオープンにする姿勢でいる。 時間をかけて見つけた答えに、他者がすぐにたどり着けるようにできれば全体の生産性を上げられるゆえの貢献だ。 一方で、Qiita がユーザーに見せてしまった姿は、Qiita 独自の判断で 情報統制がおこなわれるクローズドな管理社会だ。 この結果、エンジニアから Qiita への不信感は積もり続けたまま今日に至り、それがついに爆発してしまった。 今回の件は個人情報の取扱として問題があるが、仮に今までエンジニアからの信用を得続けていたのならば、ただの炎上で済んだであろう。 「退会」という最悪な結果にまで至ったのは、今までのユーザーの不満を放置していたためだ。 「もうアンタとはやっていけない!」と女房から見捨てられた旦那のようになってしまった。 どうすればよかったのか? 記事を勝手に非公開するのやめようよ・・・。 非公開にする記事が民衆の総意(つまり、多数のユーザーから違反報告が上がる荒らしのような記事)ならまだよかった。 Qiita がやってしまったのは、厳格には明文化されていない俺ルールに基づく独裁国家だ。 Qiita としては、技術情報サイトとしての質を上げる施策に注力してしまい、 コミュニティの場としての意識を欠いて運営を続けてしまったのが原因であろう。 利用者は人間なのだ。 ところで今回の事件は? 各ユーザーの閲覧した記事の言語割合を表示する機能が実装されたものの、それを非公開にする設定はなく、 Qiita の個人情報の扱いに対するぞんざいさに批判が集中した流れ。 また、深く掘っていくとプライバシーポリシー違反を起こしている。 には Cookie をサービス利用動向の調査に使用すると書かれているのでそこに準拠していると私は思っていたが、 上記のクッキーやウェブビーコンの中には、第三者企業が直接情報を取得するものも含まれ、そこで収集される クッキー情報については当社に提供・開示されることはなく、第三者企業が定めるプライバシーの考え方にしたがって管理されます。 当該ツールによる 個人の識別はされず、匿名のデータの形で扱われます。 この文章に従うのなら、ユーザーごとの閲覧記事情報を Qiita 側が表示できるのはおかしな話となる。 treasuredata. と書かれているので、Cookie を自身は保管せず Treasure Data に送っている仕組みだと思われるのだが……。 [教えてくださったまいんさん、ありがとうございます] そこには「当該ツールによる個人の識別はされず、匿名のデータの形で扱われます。 」と書かれているので、今回追加の機能がこの範囲であるというのは無理かと思います。 あくまで解析であって、解析結果をアカウントに紐付けて公開することは記述されていません。 — まいん Yui's*Company. mine02c4 最後に サイト運営はコミュニティ運営だ。 ユーザーの気持ちに向き合うことを怠ったまま年月が過ぎれば、いつかはコミュニティが破綻してしまう。 Qiita はこれから変わっていく必要があるだろうし、Web サービスに関わる私としても、ユーザーに近い位置に身を置くという基本を忘れてはならないな、と思わせてくれる事件だった。 最後の最後に Qiita のアカウントを削除する前に記事のエクスポートをして、はてなブログとかに投稿してくださいお願いしますなんでもしま!!!!!!!!!.

次の