フレンチブルドッグ 価格。 フレンチ・ブルドッグの子犬たち

フレンチブルドッグやボストンテリア、パグの子犬販売はブルドンズ

フレンチブルドッグ 価格

Contents• 一般的なフレンチブルドッグの子犬の相場について まずは一般的なフレンチブルドッグの子犬の相場を 以下の表にまとめたのでご覧ください。 一般的なフレンチブルドッグの子犬の相場 フレンチブルドッグ 子犬 安値 23万円~ フレンチブルドッグ 子犬 平均価格 35万円~ フレンチブルドッグ 里親 価格 3万円~ フレンチブルドッグは人気があり需要もあるので値段が高い 2017年JKCのフレンチブルドッグの登録件数では 8623頭と131位中9位の上位に入っています。 日本では人気の高い犬種なので 近くに販売しているショップがなくても 遠方まで探しにいく人がいるので 需要があり値段が安くならない傾向にあるのです。 フレンチブルドッグは出産が難しく医療費にお金がかかるので高い フレンチブルドッグは出産するのが難しい犬種です。 また妊娠したとしても頭が大きいため 帝王切開して子供を生むのがほとんどだと言われています。 そのことから子犬の出産費用にお金がかかるので 必要経費として値段が高くなるようです。 また出産頭数が少ないので希少価値が上がり フレンチブルドッグの値段が高くなっているようです。 フレンチブルドッグの子犬の親がチャンピオン犬だと価値が上がる フレンチブルドッグの子犬の値段を決めるのに 一番左右されるのが親の血統です。 親犬がチャンピオンであったりすると 平均相場の倍以上の価格で取引されるようです。 血統に拘りがあるのであれば 40万円~60万円くらい みておく必要があるでしょう。 フレンチブルドッグは毛の色で価格が違ってくるの? フレンチブルドッグの毛の色は• ブリンドル• パイド• クリーム• フォーン これらの毛の色があります。 毛の色に価格の違いが出てくるのは 頭数が関係しているようです。 パイドは頭数が少なく値段が高めです。 ブリンドルは頭数が多く安くなる傾向にあるようです。 フレンチブルドッグが飼いたい!!どこで買えばいい!? さて、フレンチブルドッグが どうしても欲しくてたまらないあなたに フレンチブルドッグの探し方を教えます。 まずは近所でフレンチブルドッグを扱っている ブリーダーやショップを探しましょう。 2017年のJKCのフレンチブルドッグの登録件数は8623頭と 131位中9位の上位に入っています。 日本国内ではそれなりの数のフレンチブルドッグが 飼育されていると思うので探せば見つかると思います。 もしかしたら遠くに足を運ばないといけないかもしれませんが…。 また写真や値段だけを見て 即決するのは少し気が早いと思うので (ここ重要) フレンチブルドッグについて詳しいブリーダーを見つけて 子犬を実際に確認してフィーリングが合うかどうかも確認してくださいね。 もし近所に子犬を販売しているショップやブリーダーが無い場合は ネットで販売しているサイトを探してみましょう。 ですがネットで販売しているからと言って 遠くから気軽に購入できるわけではありません。 動物愛護管理法が改正され対面説明義務が必要となり 購入者が説明を受ける義務が発生しました。 その為、お店に足を運び説明を受けなくてはなりません。 近所にフレンチブルドッグの子犬を販売してくれるお店がない場合は 遠くまで足を運ぶ事を念頭に入れておきましょう。 結構な値段しますよね…? ですが里親になる事で フレンチブルドッグを安く手に入れる事ができるんです。 里親は成犬だけではありません。 諸事情で子犬の貰い手を捜している人もいます。 なのでフレンチブルドッグが欲しいけど お値段がちょっと高すぎると感じた人は 里親になって家族として迎え入れてはどうでしょうか。 里親になる方法ですが 里親募集のサイトを利用するか お近くの保健所に行って里親を募集してないか聞いてみましょう。 子犬が生まれてから月日が経った場合、安くなるかも? 里親以外にも子犬を安く手に入れたい場合は 生後4ヶ月過ぎた子犬や 6ヶ月を経過した子犬を探してみてはどうでしょうか? 1年を経過した子犬であれば10万円くらいで 販売しているケースもあります。 生後の日数で価格も変わってくるので そのあたりをチェックしてみると良いと思います。 フレンチブルドッグの性格や特徴について 以下の記事では フレンチブルドッグの生い立ちや歴史、名前にまつわる話 性格や体の特徴について解説しています。 興味があればこちらもご覧ください。 終わりに 最後まで読んでいただきありがとうございました。 フレンチブルドッグの値段について参考になりましたでしょうか? 出産が難しく値段が高いフレンチブルドッグですが もしご縁があってお迎えする事になった飼い主様は 我が子のように大切になさってくださいね。 フレンチブルドッグ以外にも小型犬に興味がおありですか? 以下の記事ではカワイイ小型犬に関する情報をまとめています。

次の

価格が安いフレンチブルドッグの子犬を探す|専門ブリーダー直販の子犬販売【みんなのブリーダー】

フレンチブルドッグ 価格

木村拓哉さん、槇原敬之さん、北斗晶さん、安藤優子さん、レディーガガさんなど有名人を夢中にさせるフレブルの魅力。 アメリカやヨーロッパでは、落ち着いた性格で無駄吠えが少ないことや運動量も少なくて散歩が楽だったり、短毛でお手入れがしやすいなど飼いやすさで人気が高まっています。 フレンチブルドッグは、とても愛情深いタイプなので家族にベッタリと寄り添って過ごすのが大好きです。 イギリスでは、30年間登録数が不動のNo1のラブラドールを抜いて(2017年に)1位と快挙を成し遂げました。 フレンチブルドッグの性格 フレンチブルドッグは、おおらかでのんびりとしたマイペースな性格です。 子供がしつこくしてもあまり怒りません。 小さなお子さんがいるご家庭でも安心して飼うことができます。 警戒心が強いというより臆病なビビリちゃんです。 ムダ吠えが少ないのでマンションにお住いの方にもオススメな犬種です。 人懐っこい甘えん坊で飼い主への愛情表現が豊富で愛くるしいところが人気の秘訣です。 フレンチブルドッグの毛色の種類 写真は、フレンチブルドッグのハニーパイドの毛色です。 フレンチブルドッグの毛色は、ブリンドル、パイド、クリーム、フォーンの4色が定番です。 ちなみにお値段は、パイドが一番高く、次にクリーム。 ブリンドルとフォーンは同額です。 パイドと呼ばれる毛色は、ホワイトをベースにブリンドルの差し色が入ります。 ハニーパイドと呼ばれる毛色は、ホワイトをベースにフォーンの差し色が入ります。 この2種類がパイドの基本となります。 一見黒っぽく見える毛色は、ブリンドル(英語:brindle)と呼ばれる毛色です。 直訳すると虎斑です。 (ブラックの毛色もあります。 ブラックとホワイトは、公認されていない毛色になります。 ) 木村拓哉さんの飼っているフレブルは、ハニーパイドという毛色です。 フレンチブルドッグは、短毛ですが ダブルコートの犬種です。 シャンプーやブラッシングなどのお手入れは簡単ですが抜け毛が多いのがダブルコートの特徴です。 ダブルコートについての詳しい情報は、こちらをご覧ください。 フレンチブルドッグとボストンテリアは非常に似ていて その違いについて面白い記事があります。 フレンチブルドッグの大きさ(体重) 写真は、フレンチブルドッグのパイドの毛色です。 フレンチブルドッグの成犬時の大きさは26〜31cm、体重は8〜14kg フレンチブルドッグのしつけ フレンチブルドッグは、飼い主への承認欲求は強いので しつけは、叱るより褒めてあげる方が向いています。 我慢強いですがマイペースなため長い時間の集中はできません。 長くても20分くらいのしつけで解放してあげないと頑固で言うことを聞かない犬に育ってしまいます。 叱る時は、曖昧な叱り方をせずに 身に付くまで、いけないことをしたら 毎回必ず叱る! 同じ行動をして、叱る時と叱らない時があると何が良くて何が悪いか分からなくなります。 フレンチブルドッグの散歩の距離と時間 フレンチブルドッグの成犬時の散歩は、1日に1回30分程度 できることなら1日に2回10~15分程度の散歩が望ましいです。 (1日の合計が20~30分) 距離にすると1回で360~720m程度の散歩が目安となります。 (1日の合計が0. 7~1. 5km) フレンチブルドッグは、あまり散歩や単調な運動が好きではありません。 活発に遊びますが、がに股で股関節に負担がかかるので散歩のさせ過ぎは禁物です。 気分転換を目的とした散歩がオススメです。 フレンチブルドッグは、よく食べるので太りやすいです。 運動量で調節するというよりは、肥満にならないような食事の質や量でコントロールします。 フレンチブルドッグの寿命 フレンチブルドッグの平均寿命は10~12歳と言われています。 中型犬の平均寿命は12~15年ですので少し短いと言えます。 フレンチブルドッグの子犬の価格 フレンチブルドッグの子犬の価格相場は32~38万円です。 ペットショップの購入価格 36~47万円が相場 ブリーダーの購入価格 32~38万円が相場 平均価格35万円、最高価格60万円、最低価格13万円。 フレンチブルドッグは、購入価格がバラバラです。 36〜38万円が多い価格帯です。 レアカラーは、ブリーダーですぐに売れてしまう傾向があります。

次の

みんなの犬図鑑

フレンチブルドッグ 価格

子犬価格• フレンチブルドッグの価格が他の犬種に比べて高価になりやすい理由としては、帝王切開で出産することがあげられます。 出産のリスク(頭部が大きいため出産に時間がかかる)から赤ちゃんや母犬を守るために行われる手術代が上乗せされることが多いのです。 毛色によっても違う? 毛色によって人気に偏りがあるため、値段が異なります。 「パイド」や「クリーム」は人気が高く、チャンピオン犬の血を引く「パイド」の個体には、50万円近い値段がつくことも珍しくありません。 逆に、「ブリンドル」は比較的安価になる傾向にあります。 フレンチブルドッグにおすすめのドッグフードや餌代は? フレンチブルドッグは食欲旺盛で肥満になりやすく、また皮膚が弱いことでも知られる犬種です。 チキンに加えて食物繊維が豊富な「サツマイモ」が含まれているため、食欲旺盛なフレンチブルドッグを満足させることができます。 粒がドーナツ型なので、噛み砕きやすく、喉につまらせる心配もありませんよ。 準備しておくもの• ケージ• 食器類• トイレ用品• ケア用品 フレンチブルドッグの飼育に必要なグッズは、「ケージ」「食器類」「トイレ用品」「ケア用品」などです。 ケージ ケージはフレンチブルドッグが安心できる場所になるので必ず用意してあげてください。 フレンチブルドッグは個体差が大きいので一概には言えませんが、大きい子だと12kgくらいに成長するので横幅100cm以上のタイプがおすすめです。 食器類 100円ショップのものでも大丈夫ですが、マズルが短いので底の浅いフードボウルがおすすめです。 水飲みはお皿だとこぼしてしまうことも多いので、留守番中でも安心して使える給水ボトルタイプがおすすめです。 トイレ用品 トイレはトレータイプのものが3000円程度で販売されています。 トイレシーツは1袋1000円前後で販売されていますよ。 ケア用品 ケア用品として「ブラッシング用のブラシ」「シャンプー」「歯磨き用の歯ブラシ」なども用意しておくようにしてください。 フレンチブルドッグは抜け毛が多い犬種なので、小まめなブラッシングが欠かせません。 ラバーブラシや獣毛ブラシは1500円程度、シャンプーは2500円、歯ブラシは500円程度で購入することができます。 揃えておくと便利なもの このほかに揃えておくと便利なものが「キャリーバッグ」「食器台」「おもちゃ」です。 災害時の避難や病院へ連れて行く時にキャリーバッグは必要です。 その他、食事の際に足腰にかかる負担を減らすことができる食器台やゴム製の「KONG」のおもちゃがおすすめです。 フレンチブルドッグの飼育はどのくらいお金がかかる? 飼育にかかる合計費用• また、1年でかかる費用は「餌代」「医療費」「ケア用品」「トイレ用品」などを合わせた12万円程度かかります。 「鼻腔狭窄」や「膝蓋骨脱臼」など気をつけたい病気も多いのでペット保険への加入もおすすめしますよ。 フレンチブルドッグの平均寿命は10年前後なので、概算すると生涯費用は150万円ほど見積もっておいてくださいね。 いざという時に困らないように事前見積もりは必須 表情豊かで人間臭さに溢れるフレンチブルドッグは骨太筋肉質で見るからに丈夫そうな体つきをしていますが、注意しなければならない病気も多いです。 いざという時に困らないように事前の見積もりをしっかりとして飼育を始めるようにしてくださいね。

次の