ウッチャ イヒ シュラ ヴァス。 オーストリア のホテル

ガトートカチャ

ウッチャ イヒ シュラ ヴァス

、のスカンダ像 神話 [ ] 『』によれば、アグニが7人の聖仙の妻たちに恋をしたが彼女たちとの不倫を自制していたところ、アグニを恋慕するスヴァーハーが6人の聖仙の妻の姿に順次化けてアグニを誘惑して6回のを果たし、その度にアグニのをアシュベータ山の黄金の穴に落とした。 スヴァーハーは非常に貞操の固い7人目の聖仙の妻に化けることは失敗したが、6人の聖仙の妻に化けて実施したアグニとの計6回の性交によってアシュベータ山の黄金の穴からスカンダを誕生させる企みは成功した。 6面12臂の神スカンダは生後4日で非常に強くなり、インドラが率いる神々の軍勢も打ち破ることはできなかったため、インドラは神軍最高指揮官の地位をスカンダに譲ったという。 やがてスカンダがシヴァ派のヒンドゥー教に吸収されると、アグニとスヴァーハーと性交している時にシヴァがアグニに乗り移り、同様にパールヴァティーがスヴァーハーに乗り移っていたので、スカンダはシヴァの息子であると解釈された。 スカンダが六面十二臂を持つ理由としてこのような異説がある。 元々スカンダは6人兄弟だったが、パールヴァティーが彼等をあまりにかわいく感じて強く抱きしめた為、彼等は頭と腕の数はそのままに体が合体して一つになった。 スカンダを見たパールヴァティーは強い母性愛を感じ、自然と母乳が流れ出した。 インドラとの確執はこれだけではない。 ある時スカンダとインドラが互いの力をめぐって争いとなり、問題解決の為にを周回する競走を行った。 勝負は決したが二人は互いに勝利を譲らず、カイラス山に判定を求めた。 カイラス山はインドラに有利な証言をしたため、怒ったスカンダが槍を投げつけてカイラス山を削り、削られた所がになったという。 現代の信仰 [ ] 現在スカンダ信仰は、南部の社会に強く存在し、その移民の地であるの他、、などの東南アジアにおいても信仰されている。 配偶 [ ] 戦争以外はあまり考えていない上女性すら近付けず、自分の神殿に女性が入ることすら拒む。 カウマーリーまたはデーヴァセーナーという妻・パートナーがいる場合もある。 脚注 [ ] [].

次の

ビットブルク=プリュム郡

ウッチャ イヒ シュラ ヴァス

ここに収録されている作曲家たちはいずれもヴァイオリンのヴィルトゥオーゾたちであり、優れた作曲家として当時は高い人気を博したが、現在ではあまり演奏されることもなく、録音もほとんどない。 ラ・ベアタ・オランダは、女流ヴァイオリニストであるクラウディア・ホフマンとギタリストのトルステン・ブレイヒによって1992年に結成された。 今回は、ゲストにマティアス・ミュラー=モーアを迎えての録音。 両ジャケットに規格番号の表記がありません。 代理店によるとCD本体にのみ「AE-20111」(同番号の別内容CDも存在するので誤記かも)と表記されているとのことですので、了承ください。 #レーベルで廃盤となっており、海外の流通在庫を取り寄せるため高額となります。 また、入手出来なくなっている可能性もありますので、その旨ご了承下さい。 当時としては異例なほど長生きし、「ヨハネ受難曲」は彼が80歳の時に作曲した作品で、シュッツの三大受難曲のひとつ。 「12の教会聖歌集」からの楽曲は録音される機会が少ないので貴重。 ミュンヘン・ヴォーカル・アンサンブルはマルティン・ツェーベレイによって1992年に創設された。 20人ほどのメンバーで構成されるこのグループは主にバロック時代の作品をレパートリーとしている。 2 3声のミサ曲 Op. 使用オルガン:アリスティド・カヴェイエ=コル、1880年製作。 名作「3声のミサ曲Op. 12」から知られざる小規模作品までを広く収録。 J.S.バッハも通ったアイゼナハのギムナジウム、カールスルーエ、イタリアで音楽を学んだ18世紀ドイツの作曲家モルターはマンハイム楽派、イタリアやフランスの様式を取り入れた、カール・ヴィルヘルム辺境伯や孫のカール・フリードリヒ辺境伯に認められ、今日では特に「トランペット協奏曲」の作曲家として知られている。 カプリオーラ・ディ・ジョイアのデビュー録音。 964(W.F.バッハ作? 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番 イ短調 BWV. 968+ フーガ、ラルゴ、アレグロ・アッサイ (W.F.バッハ作? 無伴奏ヴァイオリン・ ソナタ第3番 ハ長調 BWV. 1004〜シャコンヌ(チャッコーナ) ボブ・ファン・アスペレン (Cemb) アスペレン自身のバッハ解釈の集大成的なアルバムの登場。 これは無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータをアスペレン独自の視点から鍵盤作品として解釈し、 必要なところはアスペレン自らが補筆の手を加えたもの。 当然ながらヒューイット、デミジェンコといったピアニストたちの編曲作品とはまた趣を異にしたアスペレンならではのトランスクリプション集となっている。 レオンハルトの高弟アスペレンについては今さら多言を要しないだろう。 これまでの長く輝かしいキャリアで、現代最高のバッハ鍵盤音楽解釈者の地位を不動のものにしてきたアスペレンは、Virgin、Sony Classicalなどからリリースした多くの素晴らしいバッハ作品のレコーディングですでに日本でもお馴染みだ。 これはそのアスペレンの知識と技をふんだんに生かした新たなる領域への挑戦。 無伴奏パルティータ第3番 BWV. 1006はバッハ自らリュート組曲ホ長調 BWV. 1006aに編曲していたこともある作品。 これがチェンバロでどう響くかは、聴いてのお楽しみ。 そしてかねてから存在していたソナタ第2番 BWV. 1003についてはJ.S.バッハ名義の編曲(BWV. 964;実際はW.F.バッハの編曲と伝えられている)がそのまま演奏されているが、注目なのは無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番ハ長調 BWV. 1005。 この作品、第1楽章アダージョのみがBWV. 968という編曲で残されている(これも実際はW.F.バッハの作といわれている)わけだが、残り3楽章をそのままのスタイルで加筆し加えた演奏というのは過去にも例がなさそう。 そしてパルティータ第2番BWV. 1004の末尾を飾る壮大な「シャコンヌ」で、このアルバムの盛り上がりは頂点に達する。 ブゾーニのピアノ編曲版でよく知られたあの曲だ。 あの壮大なカタルシスが、ヴェテラン・アスペレンの手でどうやって描かれるか、興味は尽きない。 スウェーデン生まれのアグレルの作品が録音されるのは、多くがチェンバロ独奏曲、室内楽曲、協奏曲で、シンフォニアは Musica Sveciae 盤くらいしかなかったのではないだろうか。 彼はマクシミリアン公からの招きを受けてドイツのヘッセンに渡り、その後イギリス、フランス、イタリアなどを巡った後期バロックの作曲家。 ギャラント様式の華麗で優雅なパッセージをこのアルバムでも聴くことが出来る。 預言者ダニエルによるスザンナの救出の物語「ある日シュザンヌが(Susanne un Jour)」を用いたラッスス、パレストリーナ、ガブリエリ、デ・ローレなどの大作曲家たちの作品集。 ヴォーカル・クァルテット、シュティムヴェルクと、バーゼル・スコラカントルムの出身者たちで構成されるラ・ヴィラネッラ・バーゼルの共演。 2CD フローベルガー・エディション Vol. この楽器はモーツァルトも使用した物であると言う。 第1集はAE-10024。 52 No. 135b(オリジナル版) シュテファン・シュミット(Org) 録音:1997年。 使用楽器:ケフェラーのマリア・バジリカの1907年ザイフェルト製オルガン。 シュテファン・シュミットは1966年、デュッセルドルフ生まれ。 ロベルト・シューマン音楽院で教会音楽を学び、1991年からデュッセルドルフにある聖ペーター教会でオルガニストとして活動。 また、様々なオルガン・コンクールにも出場し、栄誉ある賞を数多く受賞している。 2CD ヨハン・ヤコブ・フローベルガー(1616-1667): チェンバロ作品集 Vol. 2002年に発売された「バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ(チェンバロ編)」(AE-10044)をヒットさせたアスペレンのフローベルガー・シリーズ第3巻。 フローベルガーはローマでフレスコバルディに師事した後、ウィーンで宮廷オルガニストとして活躍した、ドイツ・バロック初期の鍵盤音楽を代表する作曲家。 Vol. 1(AE-10024)がデイアパゾン賞をはじめとする栄誉ある賞を受賞し、 Vol. 2(AE-10054)も高い評価を得た巨匠アスペレンのこのシリーズは、ドイツ・バロック音楽愛好家、及び鍵盤ファンにとっては絶対の注目盤。 アリアンナ・サバールの歌とハープが出色。 アリアンナは名字からもわかるとおり、サバール&フィゲラス夫妻の娘で、スイスを拠点に活動しており、ALIA VOXからもワールド系の録音を発売したばかり。 #レーベルで廃盤となっており、海外の流通在庫を取り寄せるため高額となります。 また、入手出来なくなっている可能性もありますので、その旨ご了承下さい。 2 〔第3番 ニ長調 BWV. 906 ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハ 1710-1784 :協奏曲 ト長調 FK 40 アーポ・ハッキネン(Cemb) ヘルシンキ・バロックo. 録音:2011年、2010年。 Vol. 1: AE-10057。 アスペレン、アンタイ、ファン・デルフト、レオンハルトといった錚々たる名匠たちに学んだヘルシンキ出身のチェンバロ奏者、アーポ・ハッキネン&ヘルシンキ・バロックo. のシリーズ第2弾。 古楽大国ベルギーの名花アマリリス・ディールティエンスと、自身が創設したピリオド・アンサンブル、カプリオーラ・ディ・ジョイア、その完成度と高音質が話題となった1781年原典版 ボッケリーニ:スターバト・マーテル(AE-10063)に続くアルバム。 ・フランクフルト 録音:2015年1月。 ニョッキは1762年、73歳でブレッシャ大聖堂楽長に就任し、86歳で他界するまでその地位にあったが、他方歴史家として、25巻におよぶ古代ギリシャの植民地史を遺している。 音楽作品の大半は声楽のための教会音楽だという。 演奏は、バロック初期から古典派初期のイタリア音楽も得意とし、先にファッシュ AE-10017 とモルター AE-10037 の演奏が高く評価された団体による。 チェンバロ、クラヴィコード、オルガン奏者、指揮者や音楽学者としても活躍中。 アスペレンはこれまでにJ.S.バッハのインヴェンションとシンフォニア、編曲作品集、フローベルガー・エディションなどをAeolusに録音しているが、SACDフォーマットでのリリースは今回のフランス組曲が初めてとなる。 チェンバロ、またはクラヴィコードでの演奏を想定して作曲されているバッハの鍵盤作品が名手アスペレンによって見事なまでに表現されている。 今回の録音で使用されているチェンバロは1738年12月にハノーファーのクリスティアン・ファーターにより193番器として製作されたもので、現在はニュルンベルクのゲルマン民族博物館所有という貴重な名器。 ブックレットにはアスペレン自身による解説が掲載されており日本語解説も付いている。 注目必至。 3 〜2台のチェンバロのための協奏曲集 〔第1番 ハ短調 BWV. 1062 〕 ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハ:2台のチェンバロのための協奏曲 ヘ長調 FK. 10 ピエール・アンタイ、アーポ・ハッキネン(Cemb) ヘルシンキ・バロックo. 録音:2014年。 北欧フィンランドが世界に誇るワールドクラスのチェンバリスト、アーポ・ハッキネンと、北欧屈指のピリオドo. としての名声を確立しているヘルシンキ・バロックo. 第1集(AE-10057 、第2集(AE-10067 で清涼感と透明感にあふれる演奏を披露してくれた同コンビによるJ.S.バッハの協奏曲集 Vol. 3、「2台のチェンバロのための協奏曲集」でハッキネンと共演する"もう1人"のチェンバリストはなんとピエール・アンタイ!レオンハルトの系譜を継ぐ師弟の"共演"、そしてフランスの鬼才とフィンランドの天才が繰り広げるチェンバロの"饗宴"は話題必至!古楽ファンの心を熱くしてくれるバッハ・アルバムの登場。 使用楽器:シャルトル大聖堂のゴンザレス製、ボン修道院聖堂のクライス製、アングレーム大聖堂のビュシェ製オルガン。 フレデリク・ブランは当初、法律を学んでいたが1年後に音楽に変更し、ボルドーとトゥールーズの音楽院でピアノと聴音を学んだ。 その後、オルガン奏法も取得した彼は、世界各国で行われた数多くのオルガン・コンクールで優勝。 現在のフランスを代表する作曲家、オルガニストの一人である。 ベルギーの名花アマリリス・ディールティエンスによる歌う、17世紀後期-18世紀初期のイタリアにおける未出版歌曲。 カプリオーラ・ディ・ジョイアの共同設立者でもあるベルギーの古楽系鍵盤奏者バート・ネサン〔ナーセンス〕が、ブリュッセルの国立図書館で発見したフランソワ=ジョゼフ・フェティスの未出版のコレクションから。 1 〜クープランへの序曲 ルイ・クープラン(c. J.S.バッハとフローベルガーのシリーズをソロの柱として当レーベルへの録音をp続けて来た彼だが、新たにルイ・クープランのエディションをスタート。 フランソワに次いでクープラン一族の重要人物であるルイ・クープランは、17世紀最大の鍵盤音楽作曲家の1人。 深い知識と研究成果、そしてレオンハルト直伝の技巧を生かしたアスペレンの演奏により、期待に違わぬ素晴らしいシリーズとなる事請けあい。 マルコ・ウッチェリーニ(? -1680): ラ・オルテンシア・ヴィルトゥオーザ ヴァイオリン・ソナタ集(Op. 4、5、6、9)〜13曲 ルーシー・ファン・ダール(Vn) ボブ・ヴァン・アスペレン (Cemb、Org) 佐藤豊彦 (リュート・アッティオバート) ヤープ・テル・リンデン(Vc) ルーシー・ファン・ダールは、ハーグ王立音楽院でヴァイオリンを学んだ後、シモン・ゴールトベルク指揮のオランダ室内楽団のメンバーとして活躍しながら、バロック・ヴァイオリンに専念し、古楽演奏復興を牽引する演奏家のひとりとなる。 レオンハルト、ブリュッヘン、クイケン兄弟と共演、レオンハルト・コンソート、ラ・プティット・バンド等でヴァイオリン、ヴィオラ奏者として活躍。 その後ブリュッヘンと共に18世紀オーケストラを設立、18年に渡りコンサートマスターを務めた。 「バッハ:無伴奏ソナタとパルティータ全曲」、「バッハ:ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ全曲」が日本でもベストセラーになったのはつい最近のことだ。 今回のウッチェリーニ・プログラムはこれまで多くの録音を生み出してきたファン・ダール自ら「会心の出来映え」と語るディスク。 4と9が通奏低音付きのヴァイオリン・ソナタ、Op. 5と7が無伴奏ヴァイオリン・ソナタである。 2004年12月にはこの最新作の曲目を中心としたコンサートが予定されているだけに、大きな話題となることだろう。 6(ウルリヒ・メルダウ編曲) ウルリヒ・メルダウ(Org) カレル・ヴァルター指揮カプリッチョ・バロックo. アン・フライターグ(トラヴェルソ) フランチェスコ・ネグリーニ(Cl) 録音:2017年12月、チューリヒ改革派教会、スイス。 スイスのオルガニスト&作曲家であるギー・ボヴェによって、「オルガンと管弦楽のための協奏曲」のようにオルガンが活躍するトランスクライヴが施されたサン=サーンスの傑作「交響曲第3番。 オルガンは、チューリヒの改革派教会でカントルとオルガニストを務めるウルリヒ・メルダウが、1951年建造のクーン社製の巨大なオルガンを使用し、スイスのピリオド・アンサンブル、カプリッチョ・バロックo. が19世紀の時代楽器を使用して伴奏。 優れた音響で知られるこの教会で、定評あるAeolusの高音質SACDサラウンドにて世界初録音されている。 ウルリヒ・メルダウが編曲した「オルガン伴奏版」の室内楽作品2曲も収録。 リチャード・エガー、ヨス・ファン・フェルトホーフェン、エリク・ファン・ネーヴェルらの巨匠たちと共演を行い、オペラ、オラトリオの両面で活躍するベルギーの古楽系ソプラノ、アマリリス・ディールティエンス。 ブルージュの聖ギリス教会の首席オルガンニストやブリュッセル音楽院のチェンバリストを務める、1980年生まれのベルギーの若き指揮者&古楽系鍵盤楽器奏者のバート・ネサン。 ディールティエンスとネサンの夫婦が2007年に設立したピリオド・アンサンブル、"カプリオーラ・ディ・ジョイア"の10周年を祝うアルバムは、チェンバロとオルガンを組み合わせた楽器、「クラヴィオルガン(クラヴィオルガヌム)」の伴奏によるイタリアのカンタータ集。 (ハイニヒェンはドイツの作曲家だが、このカンタータはイタリア滞在時代にイタリア様式で書かれているため、このアルバムに含まれている。 )バート・ネサンは、ベルギーのルーヴェン大学でクラヴィオルガンの博士研究を行うなど、この楽器の研究家・演奏家としても高名。 チェンバロとオルガンの音が聞こえるため、まるでもう一人奏者がいるかのように聞こえるクラヴィオルガンの不思議な音色と、ディールティエンスの澄み渡る歌声をお楽しみ頂きたい。 室内楽や劇音楽、アンセム、モテットを多数作曲しパーセルに多大な影響を残したとして知られている。 「4声のコンソート」は元々2本のトレブレ・ガンバ、テノール・ガンバ、バス・ガンバのために書かれた作品だが、11本のリコーダーを使い分けた、色彩感溢れる演奏に仕上がっている。 32ページからなるブックレットは日本語解説書き。 フランダース・リコーダー・クァルテットは1987年に結成されたベルギーのアンサンブル。 ブルージュ国際古楽コンクールの優勝で脚光を浴び、現在では世界を代表するリコーダー・アンサンブルとして知られている。 活動範囲はヨーロッパのみに留まらずアメリカ、南米、アフリカ、アジアと多岐に渡り日本へも度々来日。 2004年にも来日公演を行い大好評を博した。 150本以上のリコーダーを所持し、曲によって使い分けるなど、その卓越したテクニックと高度な音楽性は世界中から高い評価を得ている。 6 Nos. 1-6 カティア・ベイシュ、 ハン・トル(リコーダー) イル・ドルチメーロ コレッリの名曲、合奏協奏曲 Op. 6 全12曲の中から前半6曲を収録。 ソロに2本のリコーダーを用いて演奏を行っている。 リコーダーのハン・トルはフランダース・リコーダー・クァルテットのメンバーとして活躍中。 ソリストとしてもアーノンクールやブリュッヘン、レオンハルトなどといった巨匠たちと共演を行っているリコーダーのスペシャリストである。 同じくリコーダーのカティア・ベイシュはロッテルダム音楽院などで音楽を学んだ女性演奏家。 リコーダー、バロック・オーボエ奏者として活躍しており、1999年に行われたロンドン国際リコーダー・コンクールでは2位を獲得している。 使用楽器:作者不詳、1700年頃製作オリジナル・フレンチ・チェンバロ〔ヴィラ・メディチ所蔵〕。 AE-10094、AE-10114に続くオランダ古楽界の権威アスペレンによるルイ・クープラン・エディション第3弾。 有名な「フローベルガー氏の模倣によるプレリュード」をはじめとする、多彩な前奏曲、舞曲による組曲を収録。 貴重な絵画や彫像など芸術品を保管するローマのヴィラ・メディチ(Villa Medici)所蔵の楽器を使用、ブックレットには近年発見された楽譜の考証なども盛り込んでいる。 1716年出版の12曲から成るソナタ集は、リコーダーでも演奏可能な、ヴェラチーニの代表作のひとつ。 オーナメント99は、リコーダー奏者のカーステン・エリク・オーセ、ドロシー・オベルリンガーといったリコーダーの名手ら若手演奏家によって1999年に結成された古楽アンサンブル。 オーセ、オベルリンガーの二枚看板を中心とした演奏はヨーロッパのバロック音楽を中心に特に高い評価を獲得している。 #当盤は当初、SACDハイブリッド盤であるとお伝えしていましたが、入荷アイテムは通常のCD盤でした。 フローベルガー・エディション Vol. アスペレンのライフワーク「フローベルガー・エディション」が、生誕400周年の2016年に完結。 596 (原曲:ヴィヴァルディ作曲 Op. 3 No. 593 (原曲:ヴィヴァルディ作曲 Op. 3 No. 610 フランダース・ リコーダー・クァルテット Aeolusへの移籍第1弾となった前作、マシュー・ロックの「4声のコンソート集」(AE-10106)に続く第2弾はバッハ・アルバム。 J.S.バッハの作品は20年間に渡ってフランダース・リコーダー・クァルテット(FRQ)が演奏を行ってきた重要なレパートリー。 フーガ、モテット、協奏曲、コラールなど多彩な種類の収録曲全てをFRQ自らが編曲。 10本のリコーダーを駆使して演奏されるバッハの世界。 マルチチャンネルの効果による美い響きにも注目したいところ。 FRQは1987年に結成されたベルギーのリコーダー・アンサンブル。 ブルージュ国際古楽コンクールの優勝で脚光を浴び、現在では世界を代表するリコーダー・アンサンブルの一つとしてその名を知られている。 世界各地でコンサートを行っており、度々来日している。 150本以上のリコーダーを所持、曲によって楽器を使い分け、名人芸とも言えるテクニックと高度な音楽性は世界中から高い評価を獲得している。 24ページからなるブックレットには日本語解説も掲載。 日本語曲目表記帯も付いている。 新録音はオランダの知られざる作曲家、レイノルト・ポプマ・ファン・オーヴァーリング 1692-1781 の作品全集。 オーヴァーリングは1710年頃、10代後半という若さで「作品1」を完成、すぐにアムステルダムで出版され、J.S.バッハやその周りにその名声が広まった。 その"イギリス風"「6つの組曲」は、バッハにも多くのインスピレーションを与えたと考えられている。 オーヴァーリングは決して短命では無かったが、驚くことにこれ以降作品を残していない。 ただ一つの例外である、カリヨン(鐘)のための小品を別として。 ここでは、「6つの組曲」とカリヨンのための「Het Sneker klok spel」、現存するオーヴァーリングの全作品を収録。 全曲録音は世界初となる。 1515-1565): Non e ch'il duol mi scemi ヴィンチェンツォ・ルッフォ(c. 1508-1587): 3声のカプリッチョ ジャック・アルカデルト(1505-1568): おお、幸せな私の目 ディエゴ・オルティス(c. 1510-c. 1570): おお、幸せな私の目 パレストリーナ:私は傷ついた ジョルジョ・マイニエロ(c. 1535-1582): パッサメッツォ・アンティコ、サルタレッロ デ・ローレ:別れの時は ジョヴァンニ・バッサーノ(c. 1558-1617): リチェルカータ第1番 ジョヴァンニ・パオロ・チーマ(c. 1570-1622): ソナタ デ・ローレ:麗しき乙女 ルッフォ:麗しき乙女 アリアンナ・サバール(S) イル・デシデリオ ルクセンブルク市音楽院の指導者も務めるフルート奏者、トーマス・クグラーが主宰する楽団、イル・デシデリオのシリーズ 『Joyssance vous donneray(喜びを与えん)』の、フランスの15-16世紀のシャンソンを集めた第1集(AE-10066)に続くアルバム。 1080 ボブ・ファン・アスペレン(Cemb |使用楽器:クリスティアン・ゼル、1741年製作) ベルンハルト・クラップロット(Cemb2; 2つの鏡像フーガ) 録音:2017年。 レオンハルトの高弟であり、現在のオランダを代表する世界的チェンバリスト、ボブ・ファン・アスペレン。 近年はルイ・クープランやフローベルガーの作品の発掘、録音に積極的に取り組んできた巨匠アスペレンが、久々となるバッハ、しかも謎多き大作「フーガの技法」をレコーディング! アスペレンはこの「フーガの技法」の録音に、ドイツのニーダーザクセン州、ヴェーナーにあるオルガネウムのコレクションの1つ、17世紀ドイツの名工クリスティアン・ゼルが1741年に製作したチェンバロを使用。 バッハの存命当時、また比較的作曲時期に近い時期に年された楽器を通じて、アスペレンが「フーガの技法」の真髄に迫る。 また、2つの鏡像フーガでは、アスペレンの弟子であるドイツのチェンバリスト、ベルンハルト・クラップロットが第2チェンバロを担当。 537 タルクイニオ・メルラ c. このアニヴァーサリー・イヤーを記念してリリースされる最新盤は、リコーダー・アンサンブルの真価を証明する極上のリサイタル・プログラム。 14世紀頃に書かれたとされる作曲者不詳の作品から、フランダース・リコーダー四重奏団のために作曲された21世紀の作品まで、そのレパートリーの広さには改めて驚かされる。 シャイン、バッハ、タルクイニオ・メルラといった重要作品はもちろんのこと、ヴォーン・ウィリアムズや日本では吹奏楽作曲家として有名なヴァンデルロースト、スウェルツの作品も注目を集めるだろう。 使用される楽器の種類が豊富なことも大きな特徴で、最も小さなソプラノから全長6フィート(182cm)という巨大なグレート・バス・リコーダーまでを使いこなす高度なテクニックは他の追随を許さない。 ジークフリート・カルク=エーレルト(1877-1933): オルガン作品集 Vol. 150 エルケ・フェルカー(Org) カルク=エーレルトは、オルガニストとして各地で活躍した他、作曲家としてバロック様式に印象派の手法を加えた独特なオルガン曲をたくさん残した。 ブレーメンの聖ペトリ教会にある歴史的名器ヴィルヘルム・ザウアーのオルガンを使用。 1987年の創設以来、世界最高峰のリコーダー・アンサンブルとして大成功を収めてきたフランダース・リコーダー四重奏団と、2006年に結成された古楽大国ベルギーの新しい古楽系ヴォーカル・アンサンブル、エンカンタールが組んだアルバム。 使用されているリコーダーは、ローセンブルク・ソプラノからサブ・コントラバスまで21本。 使用楽器:1730年製作、1998年修復。 24ビット録音。 トーマス・バーニングは1966年生まれ。 デトモルド音楽アカデミーでオルガンを学び、1993年にフライベルクで行われた「第1回 ゴトフリート・ジルバーマン オルガン・コンクール」で優勝。 1995年からハイデルベルクにあるイェスイテン教会のオルガニストとして活動している。 使用リコーダー:1710年頃&1730年頃製作、計6本(オックスフォード大学ベイト・コレクション所蔵)。 ホルツラークはアムステルダム生まれで、ケース・ブッケに学び、ブリュッヘンからも多大な影響を受け、2012年現在英国王立音楽院の教授を務めている。 ベルギーが誇るフランダース・リコーダー四重奏団の結成25周年記念盤。 バロック・ソプラノ、バス、オカリナ、さらにはワインやビールの瓶など28種類の楽器に加え、声までも駆使したアンコール・ピースの集大成。 通常の3曲に加え、ジョナサン・マンソンとトレヴァー・ピノックのコンビも録音していた BWV. 1030b のヴィオラ・ダ・ガンバ版を収録。 1065(原曲:ヴィヴァルディ Op. 3 No. 10, RV. 580 ヴィヴァルディ:4本のヴァイオリンのための協奏曲 ニ長調 Op. 3 No. 1, RV. 549 ハイニヒェン:8声の協奏曲 S. 731 J.S.バッハ:協奏曲 BWV. 614 〕 ピート・スウェルツ 1960- :モーション フランダース・リコーダー四重奏団 バルト・ヤコブス(Cemb) 上村かおり(ヴィオラ・ダ・ガンバ) ダーク・ファンダーレ、マリアンヌ・ハーセンス(Vn) ハンス・デ・フォルダー(Va) ヤン・ボンティンク(Vc) ブノワ・ファンデン・ベムデン(Cb) 録音:2013年1月、7月、アントワープ。 ニコラ・マッテイスは、ナポリの音楽家から影響を受け、ローマ、ボローニャ、オーストリア、ドイツ、フランスを経由し、イギリスで名声を得、17世紀後半のロンドンにおいて、その驚くべきヴァイオリン演奏と非凡な作曲技法によってイタリア音楽の発展の中心を担った。 マッテイスの代表的作品である、「ヴァイオリンのためのエア集」を演奏するのは、リコーダー奏者、ジャズ・サックス奏者でもあるアンドレアス・ベーレンが結成した多国籍アンサンブル、テアトルム・アッフェクトゥーム。 リコーダー、ヴァイオリン、チェロ、リュート、そしてチェンバロという楽器の組み合わせを駆使し、バロック時代の音楽にみられる多様な感情の変化を表現するために、エネルギッシュで洞察力に富みながらも直感的なアプローチを行っている。 ドイツのアンドレアス・ベーレンを始め、若松夏美にバロック・ヴァイオリンを学んだ松永綾子、渡邊順生やボブ・ファン・アスペレンに師事した渡邊孝ら日本人奏者、そしてフランスのピエール=オーギュスタン・レイ、イタリアのジャンジャコモ・ピナルディと、各国の優れたピリオド楽器奏者によって繰り広げられる、"ロンドンのイタリア人"ニコラ・マッテイスの音楽。 ブックレットには、国会議員、法務長官、熱心なアマチュア音楽家で歴史家でもあったロジャー・ノース 1651-1734 の著述から読み解く、ニコラ・マッテイスの姿と詳細な考察が掲載されており、日本語で読むことができるのも大きなポイント。 7 ウーテ・グレンメル・ガウヒェン (Org) 1752年に製作され、2000年に修復された歴史的オルガンを使用。 24ビット録音。 1023 〕 エーリヒ・ヘーバルト(Vn) アーポ・ハッキネン(Cemb) 録音:2011年10月、2013年5月、ビフティ教会、フィンランド。 ライナー・ツィパーリングのヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ集(AE-10206)に続く、Aeolus「J.S.バッハ:ソナタ・シリーズ」第2弾、 アーノンクール率いるウィーン・コンツェントゥス・ムジクスのコンサートマスター、モザイク・カルテットの第1ヴァイオリンを務める世界的名手エーリヒ・ヘーバルトと、アスペレン、アンタイ、ファン・デルフト、レオンハルトらに学んだヘルシンキ出身のチェンバロ奏者アーポ・ハッキネンの共演によるヴァイオリン・ソナタ集。 英国王立音楽院やギルドホール音楽学校の教授も務めたオランダ生まれの名トラヴェルソ&リコーダー奏者、ペーター・ホルツラグによるフルート・ソナタ集。 BWV 1030のソナタでは非常に貴重な18世紀のピリオド楽器(ヨハン・アウグスト・クローネ)が使われている。 「J.S.バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ集(AE10206 」以来となるAeolusからのリリースは、ともに太陽王ルイ14世のもとヴェルサイユの宮廷音楽家として活躍したフランス・バロックの二人の偉大な作曲家、フランソワ・クープランとアントーワヌ・フォルクレの作品集。 情緒的な美学を持つフランス音楽の理想的なタイプであるクープランに対して、イタリア風の力強くヴィルトゥオーゾ的なフォルクレ。 対照的な二人の「ヴィオールと通奏低音のための組曲」を、ツィパーリングの名技で描く。 18世紀オーケストラやオランダ・バッハ協会、コレギウム・ヴォカーレ・ヘント、ジェズアルド・コンソートなどで活躍してきたオランダの名チェンバリスト、ピーター=ヤン・ベルダーの伴奏にも注目。 ソフィア・ディニスは、ライナー・ツィパーリングやヴィーラント・クイケン、フィリップ・ピエルロらに学んだポルトガル出身の女流ヴィオール奏者。 ベルギーが誇るリコーダー・アンサンブルの世界最高峰、フランダース・リコーダー四重奏団。 2018年に長いキャリアを終えようとしている名門アンサンブルと、ブリスク・リコーダー四重奏団を主宰するオランダの名リコーダー奏者、サスキア・コーレンが共演した五重奏アルバムが登場。 フランダース・リコーダー四重奏団とサスキア・コーレンは、500年に渡る音楽の歴史をリコーダー五重奏で表現。 ジョン・ウォードやリュリ、シャイン、J.S.バッハの音楽から、ルイ・プリマのジャズ・スタンダード、フレッド・E.アラートのポピュラー・ソング、ベルギーの若きリコーダー奏者ピーター・キャンポや現代ドイツの作曲家ゼーレン・ジークらの作品を、ベネルクスの名手たちが繰り広げる。 アンドレ・ヘンリヒは、ドイツ生まれ、現在はパリを拠点に活動するリューティスト。 リュート、テオルボ、バロック・ギターのソリスト、室内楽奏者、通奏低音奏者として、レザール・フロリサン、ラ・サンフォニー・デュ・マレ、レ・ミュジシャン・ド・サン=ジュリアン、レ・フォリー・フランセーズ、オペラ・フオーコなど、フランスの主要な古楽アンサンブルと共演し、これまで40以上のアルバムに参加してきた。 パートナーである鍵盤楽器奏者、畑野佳恵とともに、日本での公演も度々行っている。 老ゴーティエによって確立された新しい調弦法から始まるフランスのリュート革命時代、17世紀フランスでもっとも有名なリュート奏者の一人であった、フランソワ・デュフォー 1604-c. 1672 のリュート作品集。 同じゴーティエ派のガロやムートンらとともに録音・演奏されることの多いデュフォーの作品だけを集めた貴重なアルバム。 デュフォーは、ヨーロッパ諸国に「フランス様式」を広めたともされ、フランスだけでなくイギリスやドイツの出版譜にも多くの作品が残されており、多様で豊かなデュフォーの優れた組曲が、名手の手によって伝えられる。 作曲家が生きた時代である1714年製のバルトハーザーのオルガンを使用。 ドイツのシュパイアー大聖堂で長年教会ミュージシャンとして働き、現在8巻超に及ぶ「カルク=エーレルト:オルガン作品集」の録音プロジェクトも進行中の女流オルガニスト、エルケ・フォルカーが弾くセザール・フランク。 「フランク・アヴァン・セザール・フランク(フランクの前のフランク)」というアルバム・タイトルで、これまであまり取り上げられてこなかったフランクの初期の作品に焦点をあてる。 録音から10年を経ているが、初発売音源の模様。 デュボワ、マスネやフランクらに師事したロパルツの作品は現在ではほとんど録音・演奏されていないだけに、フランス・ロマン派の豊かなオルガン音楽を高音質録音で後世に残す貴重な記録となる。 演奏は、世界遺産にも登録されているドイツのシュパイアー大聖堂で2010年よりオルガニストを務めるドイツの名手、マルクス・アイヒェンラウプ。 Tribune libre 〜シュザンヌ・シェーズマルタン シャルル=マリー・ウィドール(1844-1937): オルガン交響曲第4番Op. 13-4 マルセル・デュプレ(1886-1971): 十字架への道 Op. シェーズマルタンはマルセル・デュプレの元でオルガンを学んだベテラン奏者。 録音はフランスのマイナー・レーベルから発売されているものが多いが、1992年にERATOからもジグーとデュプレの作品を録音している(廃盤)。 師デュプレによる即興作品3曲をボーナス・トラックとして収録。 「聖チェチーリアのモテット」ではアスペレン、ファン・ダール率いるメランテ・アムステルダムが登場。 9 スティーヴン・ サープ(Org; 以外) ジャンヌ・ドメッシュー(Org; ) ウジェーヌ・ビゴー指揮 パリ放送so. ドゥメッシューの没後40周年リリースだった物。 彼女は12歳でパリ音楽院へ入学を許可された神童で、13歳からマルセル・デュプレに師事、世界的に活躍した初めての女性オルガニストとして知られている。 病弱であったため早世したが、フランクのオルガン作品全集等の録音も多い。 彼女は作曲もアンリ・ビュッセルに師事しており、当盤では残されたオルガン作品が全て聴ける。 演奏のサープ [Stephen Tharp] は、ある音楽配信業者が「シュテファン・タープ」と誤ってドイツ語読みをしているが、アメリカのオルガニスト。 ヴィンツェント・リューベク 1654-1740 :オルガン作品集 前奏曲 ト長調 LubWV. 作品形式は大バッハ彷彿とさせ、作風はブクステフーデからの影響を感じさせる。 使用楽器:南オランダのウィルヘルム・ヘルマンス製作、1664年製。 オランダが誇る名奏者アスペレンが進めてきた、17世紀ドイツを代表する鍵盤音楽の大家の芸術をたどるエディション、3年ぶりとなる第6弾の登場。 師フレスコバルディの影響を受けた傑作「14のリチェルカーレ」には優れた対位法が聴かれ、後の大バッハが「音楽の捧げ物」のリチェルカーレで礎とした。 ソプラノ付きオルガン曲は壮麗な雰囲気を醸し出している。 エルドゥアイエンはチリとアルゼンチンを巡り、200曲を超えるオルガン作品を遺したバスク地方の作曲家で、カプチン・フランシスコ修道会の修道士も務めた。 )、聖マリア教会、デバ、バスク自治州、スペイン、ライヴ。 使用楽器:バルセロナの Gerhard Grenzing 製作、2009年。 バスクの小さな海沿いの町(村?)の教会に建造された、新オルガンのオープニング・コンサートにおける即興演奏。 28 ペーター・ファン・デ・ヴェルデ(Org) 録音:2010年10月、アントワープ大聖堂。 使用楽器:ピエール・シフェン、1891年製作。 ベネルクス地方最大のゴシック建築による教会アントワープ大聖堂と、アントワープのサン・ミシェル大聖堂のオルガニストを務めるペーター・ファン・デ・ヴェルデ 1973- が弾く、20世紀ベルギーの大オルガニスト&作曲家、ペーテルスのオルガン作品集。 使用楽器:アンドレアス・ジルバーマン製作 1709年、1732年 、ヨハン・アンドレアス・ジルバーマン製作 1741年、1745年、1750年、1761年、1778年 、ガストン・ケルン製作 2002年、ジルバーマン・オルガンのレプリカ。 代理店によると『 SACD hybrid Multichannel による世界初の全集録音』とのこと。 当初、演奏はピート・ケーとジャン・ラングレに学んだオランダの奏者エヴァルト・コーイマン 1938-2009 が担当していたが、彼が2009年1月25日に急逝したため、残りをコーイマンの3人の弟子たちが引き継いで完成させた。 6CD 4CD価格 ヤン・ピーテルスゾーン・スウェーリンク 1562-1621 : 鍵盤作品全集 Vol. おそらく初発売音源で、2015年3月現在分売は無し。 同レーベルのサンプラー的ボーナスCD付き。 グスタフ・レオンハルト最後の弟子レオン・ベルベン 1970- はオランダのヘールレン出身。 ゲーベル率いるムジカ・アンティクワ・ケルンのチェンバリストとしても活躍した。 94 ペーター・ファン・デ・ヴェルデ(Org) 録音:2014年4月、2015年11月、ベルギー。 ベルギーの作曲家ヴァイツは、地元でピアノとオルガンを学んだ後、パリ・スコラ・カントルムでウィドールとギルマンに師事。 第一次世界大戦のため1914年にイギリスへ亡命し、1917年から晩年までロンドンのファーム・ストリート教会のオルガニストを務めた。 1926年にはフランク:オルガンのためのコラールの世界初録音も残している。 ペーター・ファン・デ・ヴェルデはアントワープ大聖堂のオルガニスト。 フランス・バロックのオルガニスト、ニコラ・ド・グリニー 1672-1703 の作品と、ランスのノートルダム大聖堂800周年を記念し、5人の現代フランスの作曲家が書いたグリニーへのオマージュを収録。 33 1794? 33 1794? 33 1799? 39 No. 1, Hess. 33 No. 33 No. 33 No. 33 No. 39 No. 使用楽器:フェルディナント・シュティーフェル、1786年製。 マリア・マグダレナ・カチョルは、東欧ポーランド出身の女流オルガニスト。 2012年9月から2013年8月にかけて、札幌コンサートホール Kitara の第15代専属オルガニストを務めた。 北ドイツ・オルガン楽派の一人メルヒオール・シルトは、スウェーリンクに学び、祖父の代から続くハノーファーの教会オルガニストを務めた。 レオン・ベルベンはレオンハルトの最後の弟子。 ヨハン・ゴットフリート・ミューテル 1728-1788 は、J.S.バッハの最後の弟子として知られ、リガ教会のオルガニストも務めた作曲家。 残された作品は少ないながらも、当時の北ドイツ鍵盤音楽を代表する重要な音楽家。 ルクセンブルク・フィルの"オルガニスト・イン・レジデンス"を務めるモーリス・クレマンが、聖ラウレンティウス教会(ルクセンブルク、ディーキルヒ)のトーマス・オルガンを弾いたファースト・アルバム。 自身で編曲したブルックナーの交響曲第7番(第2楽章)やワーグナー、リストの名曲のオルガン版をAeolusの高音質SACDでお届けする。 31 No. 21 No. 31 No. 21 No. 19世紀ベルギーでオルガニスト、カリヨン奏者、作曲家として活躍したジョゼフ・カラーツ。 ベルギーの名オルガニスト、ジャック=ニコラ・レメンスにオルガンを学び、当盤が録音された聖母大聖堂でオルガニストを務め、アントウェルペン音楽院では教育者として活躍した。 デュリュフレ:オルガン作品全集 アランの名による前奏曲とフーガ Op. 「レクイエム」などの傑作を世に送り出し、即興演奏の名人としても名を馳せた20世紀のフランスを代表するコンポーザー=オルガニスト、モーリス・デュリュフレ 1902-1986 のオルガン作品全集。 デュリュフレのオルガンのための作品全集を完成させたステファン・モットールは1990年生まれのベルギー人オルガニスト。 母国ベルギー、ドイツ、そしてフランスでオルガンと作曲を学び、2015年にはルクセンブルクのデュドランジュ国際オルガン作曲コンクール、2017年にはフランスのエトルタ国際即興コンクールで共に第1位と聴衆賞に輝いた期待のオルガニスト。 2016年に完成、設置されたルクセンブルク、ディーキルヒの聖ラウレンティウス教会のトーマス・オルガンによる演奏。 スペイン・ルネサンスの盲目の大作曲家でありオルガニスト、アントニオ・デ・カベソン 1510-1566 の、「世界でもっとも古いオルガン作品の1つ」と言われる鍵盤作品集。 演奏可能なコンディションで残されている世界でもっとも古いオルガンの1つである、ドイツ、オステンネンの聖アンドレアス教会のゴシック・オルガン(c. J.S.バッハ:オルガン作品集 前奏曲とフーガ ハ長調BWV. 596 (原曲:ヴィヴァルディのOp. 668 ステファン・シュミット(Org) 発売:2000年。 使用楽器:Weimbs-Orgel, in St. hubertus, Dusseldorf-litter。

次の

ヨーロッパ │ 平和首長会議

ウッチャ イヒ シュラ ヴァス

紋章 地図 (郡の位置) 基本情報 : 郡庁所在地: Bitburg 面積: 1626. 郡庁所在地は。 南西から時計回り順に、西北に、北に、東北に、東にそして、南にに隣接している。 市町村 [ ] 連合自治体に属さない市町村• Bitburg 連合自治体 1. Arzfeld 1• () 2. [行政庁所在地: ビットブルク]• () 3. Irrel 1• () 4. Kyllburg 1, 2• () 5. Neuerburg 1, 2• () 6. () 7. Speicher, Germany 1 1連合自治体の行政庁所在地; 2市 参考文献 [ ].

次の