友達 が 少ない。 友達が少ない女性の特徴とは?人見知り・一人が好き・群れるのが苦手・人を信用できないなど

友達が多いのは損!友達は少ない方がいい理由|Flee Life

友達 が 少ない

記事の目次• 友達が少ない5つの原因 友だちが少ないという方にはそれなりの原因があるケースがほとんどです。 では、友達が少ない原因とはいったい何なのか一つずつ見ていきたいと思います。 独り行動が好きで現状に満足している 群れるのではなく一人で行動するのが好きという方は友達が少ない傾向にあります。 古臭いいい方をしてしまうと一匹狼というやつですね。 常に一人で行動することが多く、友達を敢えて増やそうともしないのではないでしょうか。 どこへ行くにも一人で出かけてしまいますし、旅行なども一人で行くという方が多いです。 そのような現状に満足している方だと 別に友達を無理に増やそうとすることもありませんし、友達がいてもいなくてもイイという方も多いです。 集団行動が苦手・嫌な経験がある 基本的に集団行動が苦手という方もいます。 先ほどお話したように一匹狼タイプの方だと集団で行動するのは苦手でしょうし、無理に集団行動しようとしても和を乱してしまうことがありますよね。 これも友だちが少ない原因の一つと言えるでしょう。 また、過去に集団行動で嫌な経験をしたことがある、という方も友だちを作らない、少ないことが多いです。 自分に自信がなく傷つくのも苦手 自分に自信がない方も友だちが少ない傾向にありますし、自分から友達を増やそうとすることも少ないのではないでしょうか。 自分に自信がないために「自分に友だちができるはずがない」と思ってしまうのです。 また、傷つくのが嫌だ、苦手という方も友だちを作らないことが多いです。 心から信用できる友達ができたとして、もし裏切られたら傷ついてしまいますから、そのようなときのことを考えてしまうのです。 ゴシップ好きで噂や悪口をよく言う ゴシップ好きで噂や悪口をよく言うというようなタイプの方は、敢えて友達を作らないのではなくできないと言ったほうが正確ではないでしょうか。 悪口を言うような人と仲良くなりたい人はそういないでしょうし、 噂話が好きな人は心から腹を割って話すことができません。 信用して話したことが広められてしまうと困りますから、そのような人と友達になりたいという方は少ないでしょう。 否定的でマイナスの印象を与えることを言いがち 否定的でマイナスな印象を与えることを頻繁に口にする方だと一緒にいても疲れてしまいますよね。 せっかく楽しい話をしていても否定的なことを言われると嫌な空気になってしまいます。 相手の言っていることに対して「でもそれって〇〇じゃない?」「いや、それは違うんじゃない?」と毎回否定していませんか? 友達が少ない5つのメリット 友達が少ないことをデメリットと捉えてしまう方も多いでしょうが、実はデメリットばかりではありません。 友達が少ないことで得られるメリットもあります。 友達を敢えて作らないという方はこうしたメリットを知っているからではないでしょうか。 ここでは友達が少ないメリットについてお話したいと思います。 恋人との時間をたくさん取れる 友達がいない、少ない場合だと恋人と一緒に過ごす時間をたくさん作ることができます。 友だちが多いとどうしても友達と遊ぶ時間なども作らなくてはなりませんが、友達が少ないのならそのようなことは気にしなくていいですよね。 恋人と過ごす時間をたっぷりとれますし、恋人との関係もうまくいきやすいのではないでしょうか。 結婚式で招待する人に悩まなくて済む 友達がたくさんいると結婚式でゲストをたくさん招待しなくてはなりません。 ただ、誰を呼んで誰を招待しないでおくかなどを決めるときにかなり苦労してしまうでしょうし、時間もかかってしまいます。 友だちが少ないのなら最小限のゲストで済みますし、頭を悩ませるようなこともありません。 これもある意味メリットと言えるでしょう。 信頼できる特定の人とじっくりと時間を過ごせる 友達は多ければ多いほどイイということはありませんし、本当に信頼できる人が数人いれば十分です。 友だちが少ないと信頼できる特定の人とじっくり過ごすことができますし、広く浅く付き合うような必要もありません。 これも友だちが少ないからこそのメリットですよね。 自分の趣味に没頭できる 自分の趣味に没頭することができるというのは大きなメリットではないでしょうか。 友だちが多いとなるとそちらに時間を割く必要も出てくるでしょうが、友だちがそもそも少ないとなるとそのような必要もありません。 自分のやりたいこと、趣味にたっぷりと時間を割くことができますし、趣味に生きる人にとっては大きなメリットです。 無駄遣いが減り貯蓄を増やせる たくさんの友だちがいると当然付き合いも増えてしまいますし、 行きたくもない飲み会や集まりに参加せざるを得ないこともあります。 そうなってしまうとどうしても出費が増えてしまいますから、無駄遣いしてしまうこともあると思います。 友だちが少ないと無駄遣いも少なくなりますし、その分貯蓄を増やすこともできるでしょう。 友達が少ない3つのデメリット しかし、やはり友だちが少ないことにはデメリットもあります。 友達が少ないことによるデメリットについて見てみましょう。 悩みを相談できる相手がいない 人間生きている以上悩みは抱えてしまいます。 その悩みが大きいか小さいかは時と場合にもよるでしょうが、こうした悩みを気軽に相談できる人がいないというのはデメリットではないでしょうか。 恋人には話せないことでも友達になら話せることもあると思いますが、そんなときに腹を割って話すことができる友達がいないというのはデメリットです。 人生の喜びや楽しみを共有できない 友達が多ければ人生の喜びや楽しみをたくさん共有できますが、友だちが少ないとそうしたことをする機会が少なくなります。 飲み会や同窓会に誘われない 飲み会や同窓会に最初から参加する気がない、そういう場所に行くのが苦手という方だと別にデメリットではないかもしれませんね。 友だちが少ないと飲み会などの集まりに呼ばれることも少ないですし、同窓会にも誘われないかもしれません。 友達を増やす4つの方法 友達がもっとたくさん欲しいのに作れない、という方もいると思います。 別に友達が欲しくなくて少ないのならイイのですが、欲しいのにできないというのはちょっと困ってしまいますよね。 そこで、ここでは友達を増やすための方法についていくつかお話したいと思います。 外出する機会を増やす 友達を増やすためにはとにかくいろいろな人と出会う必要があります。 人と出会うためには外出してその機会を作らなくてはなりませんから、友達を増やしたいのならまずは外出する機会をたくさん作りましょう。 外に出かければいろいろな人と出会うことになります。 道ですれ違った人と何かの拍子に友だちになるということもあるでしょう。 自宅に引きこもりっぱなしだとそのようなチャンスにも恵まれませんから、まずは外出することです。 また、 飲み会などの誘いもなるべく断らずに参加することで出会いも増えて友だちも増えていくのではないでしょうか。 習い事をはじめる 習い事を始めるというのもおススメです。 最近では出会いのために習い事を始めるという方も増えていますから、これは有効な方法と言えるでしょう。 女性なら楽器やお茶、書道、ダンス、料理などがおすすめです。 ほかにも英会話なら実用性もあるでしょうし、料理教室なら女子力もアップできます。 ま ずは自分が興味を持てる習い事にトライしてみてはいかがでしょうか。 いろいろな人と出会うことができますし、積極的にコミュニケーションをとれば友だちもどんどん増えていくと思います。 SNSで交流をはかる 友達をたくさん作りたいのならSNSも活用するべきです。 最近ではネットで友だちや恋人を作るというのはまったく珍しいことではなくなりましたし、ネットでのやり取りからリアルで会う友達になるということはよくあります。 近場の人はもちろん遠方の人とも仲良くなることができますし、趣味から繋がることもできます。 SNSを積極的に活用することでたくさんの友だちを作ることも夢ではないでしょう。 Twitterやfacebook、InstagramなどいろいろなSNSがありますから、興味のあるものから始めてみてはいかがでしょうか。 ブログを書くというのもイイですね。 友達が多い人と関わる 友達が多い人とコミュニケーションをとることによって自分も友だちが増える可能性が上がります。 一から友達を作っていくのはかなりの労力が必要ですが、最初からたくさんの友だちがいる人と仲良くなればそこからいろいろな出会いに繋がるでしょう。 自分の周りに友だちがたくさんいる人がいるのなら、まずはその人と仲良くなってみましょう。 積極的に関わるようになれば友達も自然と増えていくのではないでしょうか。 友達が多い人なら飲み会の幹事などをしていることも多いですから、誘ってもらえるようになれば友達が増えるチャンスもアップします。 まとめ 友達がいないことにもメリットはありますが、やはり友達は欲しいですよね。 友だちがいればいろいろなことを共有できますし、趣味や好きなことについて語り合うこともできるでしょう。 多ければ多いほどイイということはありませんが、腹を割って話せる友だちは欲しいものですね。 ここでは友達を増やす効果的な方法についてもご紹介しました。 友達が欲しいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。 リアルで友だちを増やしていくのは大変そうと思った方はSNSから始めることをおススメします。 まずはネットでいろいろな人と知り合い、そこから出会いに繋げるといいですね。 趣味で繋がることが比較的簡単にできるので友達作りにはうってつけです。

次の

【ミニマルな生き方】友達は少ない方がいい!決定的な3つの理由

友達 が 少ない

記事の目次• 友達が少ない5つの原因 友だちが少ないという方にはそれなりの原因があるケースがほとんどです。 では、友達が少ない原因とはいったい何なのか一つずつ見ていきたいと思います。 独り行動が好きで現状に満足している 群れるのではなく一人で行動するのが好きという方は友達が少ない傾向にあります。 古臭いいい方をしてしまうと一匹狼というやつですね。 常に一人で行動することが多く、友達を敢えて増やそうともしないのではないでしょうか。 どこへ行くにも一人で出かけてしまいますし、旅行なども一人で行くという方が多いです。 そのような現状に満足している方だと 別に友達を無理に増やそうとすることもありませんし、友達がいてもいなくてもイイという方も多いです。 集団行動が苦手・嫌な経験がある 基本的に集団行動が苦手という方もいます。 先ほどお話したように一匹狼タイプの方だと集団で行動するのは苦手でしょうし、無理に集団行動しようとしても和を乱してしまうことがありますよね。 これも友だちが少ない原因の一つと言えるでしょう。 また、過去に集団行動で嫌な経験をしたことがある、という方も友だちを作らない、少ないことが多いです。 自分に自信がなく傷つくのも苦手 自分に自信がない方も友だちが少ない傾向にありますし、自分から友達を増やそうとすることも少ないのではないでしょうか。 自分に自信がないために「自分に友だちができるはずがない」と思ってしまうのです。 また、傷つくのが嫌だ、苦手という方も友だちを作らないことが多いです。 心から信用できる友達ができたとして、もし裏切られたら傷ついてしまいますから、そのようなときのことを考えてしまうのです。 ゴシップ好きで噂や悪口をよく言う ゴシップ好きで噂や悪口をよく言うというようなタイプの方は、敢えて友達を作らないのではなくできないと言ったほうが正確ではないでしょうか。 悪口を言うような人と仲良くなりたい人はそういないでしょうし、 噂話が好きな人は心から腹を割って話すことができません。 信用して話したことが広められてしまうと困りますから、そのような人と友達になりたいという方は少ないでしょう。 否定的でマイナスの印象を与えることを言いがち 否定的でマイナスな印象を与えることを頻繁に口にする方だと一緒にいても疲れてしまいますよね。 せっかく楽しい話をしていても否定的なことを言われると嫌な空気になってしまいます。 相手の言っていることに対して「でもそれって〇〇じゃない?」「いや、それは違うんじゃない?」と毎回否定していませんか? 友達が少ない5つのメリット 友達が少ないことをデメリットと捉えてしまう方も多いでしょうが、実はデメリットばかりではありません。 友達が少ないことで得られるメリットもあります。 友達を敢えて作らないという方はこうしたメリットを知っているからではないでしょうか。 ここでは友達が少ないメリットについてお話したいと思います。 恋人との時間をたくさん取れる 友達がいない、少ない場合だと恋人と一緒に過ごす時間をたくさん作ることができます。 友だちが多いとどうしても友達と遊ぶ時間なども作らなくてはなりませんが、友達が少ないのならそのようなことは気にしなくていいですよね。 恋人と過ごす時間をたっぷりとれますし、恋人との関係もうまくいきやすいのではないでしょうか。 結婚式で招待する人に悩まなくて済む 友達がたくさんいると結婚式でゲストをたくさん招待しなくてはなりません。 ただ、誰を呼んで誰を招待しないでおくかなどを決めるときにかなり苦労してしまうでしょうし、時間もかかってしまいます。 友だちが少ないのなら最小限のゲストで済みますし、頭を悩ませるようなこともありません。 これもある意味メリットと言えるでしょう。 信頼できる特定の人とじっくりと時間を過ごせる 友達は多ければ多いほどイイということはありませんし、本当に信頼できる人が数人いれば十分です。 友だちが少ないと信頼できる特定の人とじっくり過ごすことができますし、広く浅く付き合うような必要もありません。 これも友だちが少ないからこそのメリットですよね。 自分の趣味に没頭できる 自分の趣味に没頭することができるというのは大きなメリットではないでしょうか。 友だちが多いとなるとそちらに時間を割く必要も出てくるでしょうが、友だちがそもそも少ないとなるとそのような必要もありません。 自分のやりたいこと、趣味にたっぷりと時間を割くことができますし、趣味に生きる人にとっては大きなメリットです。 無駄遣いが減り貯蓄を増やせる たくさんの友だちがいると当然付き合いも増えてしまいますし、 行きたくもない飲み会や集まりに参加せざるを得ないこともあります。 そうなってしまうとどうしても出費が増えてしまいますから、無駄遣いしてしまうこともあると思います。 友だちが少ないと無駄遣いも少なくなりますし、その分貯蓄を増やすこともできるでしょう。 友達が少ない3つのデメリット しかし、やはり友だちが少ないことにはデメリットもあります。 友達が少ないことによるデメリットについて見てみましょう。 悩みを相談できる相手がいない 人間生きている以上悩みは抱えてしまいます。 その悩みが大きいか小さいかは時と場合にもよるでしょうが、こうした悩みを気軽に相談できる人がいないというのはデメリットではないでしょうか。 恋人には話せないことでも友達になら話せることもあると思いますが、そんなときに腹を割って話すことができる友達がいないというのはデメリットです。 人生の喜びや楽しみを共有できない 友達が多ければ人生の喜びや楽しみをたくさん共有できますが、友だちが少ないとそうしたことをする機会が少なくなります。 飲み会や同窓会に誘われない 飲み会や同窓会に最初から参加する気がない、そういう場所に行くのが苦手という方だと別にデメリットではないかもしれませんね。 友だちが少ないと飲み会などの集まりに呼ばれることも少ないですし、同窓会にも誘われないかもしれません。 友達を増やす4つの方法 友達がもっとたくさん欲しいのに作れない、という方もいると思います。 別に友達が欲しくなくて少ないのならイイのですが、欲しいのにできないというのはちょっと困ってしまいますよね。 そこで、ここでは友達を増やすための方法についていくつかお話したいと思います。 外出する機会を増やす 友達を増やすためにはとにかくいろいろな人と出会う必要があります。 人と出会うためには外出してその機会を作らなくてはなりませんから、友達を増やしたいのならまずは外出する機会をたくさん作りましょう。 外に出かければいろいろな人と出会うことになります。 道ですれ違った人と何かの拍子に友だちになるということもあるでしょう。 自宅に引きこもりっぱなしだとそのようなチャンスにも恵まれませんから、まずは外出することです。 また、 飲み会などの誘いもなるべく断らずに参加することで出会いも増えて友だちも増えていくのではないでしょうか。 習い事をはじめる 習い事を始めるというのもおススメです。 最近では出会いのために習い事を始めるという方も増えていますから、これは有効な方法と言えるでしょう。 女性なら楽器やお茶、書道、ダンス、料理などがおすすめです。 ほかにも英会話なら実用性もあるでしょうし、料理教室なら女子力もアップできます。 ま ずは自分が興味を持てる習い事にトライしてみてはいかがでしょうか。 いろいろな人と出会うことができますし、積極的にコミュニケーションをとれば友だちもどんどん増えていくと思います。 SNSで交流をはかる 友達をたくさん作りたいのならSNSも活用するべきです。 最近ではネットで友だちや恋人を作るというのはまったく珍しいことではなくなりましたし、ネットでのやり取りからリアルで会う友達になるということはよくあります。 近場の人はもちろん遠方の人とも仲良くなることができますし、趣味から繋がることもできます。 SNSを積極的に活用することでたくさんの友だちを作ることも夢ではないでしょう。 Twitterやfacebook、InstagramなどいろいろなSNSがありますから、興味のあるものから始めてみてはいかがでしょうか。 ブログを書くというのもイイですね。 友達が多い人と関わる 友達が多い人とコミュニケーションをとることによって自分も友だちが増える可能性が上がります。 一から友達を作っていくのはかなりの労力が必要ですが、最初からたくさんの友だちがいる人と仲良くなればそこからいろいろな出会いに繋がるでしょう。 自分の周りに友だちがたくさんいる人がいるのなら、まずはその人と仲良くなってみましょう。 積極的に関わるようになれば友達も自然と増えていくのではないでしょうか。 友達が多い人なら飲み会の幹事などをしていることも多いですから、誘ってもらえるようになれば友達が増えるチャンスもアップします。 まとめ 友達がいないことにもメリットはありますが、やはり友達は欲しいですよね。 友だちがいればいろいろなことを共有できますし、趣味や好きなことについて語り合うこともできるでしょう。 多ければ多いほどイイということはありませんが、腹を割って話せる友だちは欲しいものですね。 ここでは友達を増やす効果的な方法についてもご紹介しました。 友達が欲しいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。 リアルで友だちを増やしていくのは大変そうと思った方はSNSから始めることをおススメします。 まずはネットでいろいろな人と知り合い、そこから出会いに繋げるといいですね。 趣味で繋がることが比較的簡単にできるので友達作りにはうってつけです。

次の

結婚式に呼ぶ友達がいない・少ない!友人招待人数の平均も紹介

友達 が 少ない

友達がそんなに多くない人って世の中に沢山いると思います。 私も友達少数なんでそんなに多いほうではないですしリアルで遊ぶ友達となると限られてきます。 それでも作ろうと思えば友達って作れなくもない時代なのではないでしょうか。 出会いがなかなかなくてもSNSなども気軽に利用できますからね。 でも1人が気楽であえて無理に作ろうとしない人や単に人付き合いが苦手で人間関係をあまり広げたくないと考えてる方も多いかもしれません。 友達は1人いれば良いと考えてる人や集団が苦手って考えてるような人も友達は少ないほうが良いと思っているのではないでしょうか。 そのような方なら友達が少ない状態って非常に好都合でしょうし、大きなメリットですよね。 今回はそのような友達が少ないメリットをもっともっと掘り下げて説明するとともに友達が少ないデメリットも説明します。 そういう人って1人でするような趣味も持ってたりするんで、休日などに1人で過ごしていても退屈にはならないんですよね。 むしろ休日を1人で過ごすのが好き人が多いし自分なりのを沢山持っているのではないでしょうか。 ぼっちが一番良いし1人でも寂しくない人 友達少ないほうが得だとも思ってるでしょうし、 このような人は1人でも困らないし1人でも寂しくない人なわけなんです。 このような一人でも困らないし寂しくないタイプってである事も多いのです。 良い意味で人に媚びたりもしないので、嫌われる事を恐れてないのではないでしょうか。 1人でいる時間が多いほうが良いと思ってる人ならそのような状態ってまさに理想的ですし、元々群れるのが好きではないような人なら尚更1人でいる時間のほうが 精神的に楽ですし充実するのでそれらの部分はまさに大きなではないでしょうか。 でも友達が少ないからといっても友達がゼロってわけではないので、そういう人でも定期的に友達と会ったりもしてるのです。 頻繁には会わないけどもこういう人って深い付き合いの友達がいるのではないでしょうか。 たまにしか友達と会わないけどもしっかりとその友達との関係も大事にしてるわけです。 それでもあくまで1人でいる時間のほうが長くて、1人の時間を大切してるんでそっちのほうを優先してるんです。 ぼっちが一番良いって感じてる人が多いでしょうし、無理に新しく友達を作らない人が多い印象があります。 ですのでであっても上手くぼっちな時間を楽しむコツみたいなものを熟知してる人が多いのではないでしょうか。 友達が少ないメリットの2つ目として、友達が多い人ですと、友達が多い分だけ様々なタイプの人と仲良くしているので、中にはあまり自分にとってはプラスにならないような友達もいたりするんです。 そういうマイナス要素のある友達がいると面倒な事を頼まれたり、暗い話しばかり聞かされたり、などなど、嫌な気持ちにさせられることも少なくありませんしそういう人と一緒にいると疲れるわけなんでそういうって感じてしまうのではないでしょうか。 でも友達が少ないとそういう人とは最初から仲良くしてないと思いますし、お友達はかなり厳選していると思いますので、そういう嫌な思いはあまりしないのではないでしょうか。 友人が少ない人ってそれだけ自分に本当に合う人とだけプライベートで仲良くしてるわけなんです。 集団に馴染めない こういう人はできるだけ人が多くいるような集団を避けたいと思ってますし集団に馴染めないと感じてるわけです。 人が多い所にいると集団で孤立しやすい人なのではないでしょうか。 逆に友達が多い人って合わない人も全て受け入れて仲良くしちゃう人も多いので、どうしても面倒なことに巻き込まれやすいんですね。 もちろん友達が多い人でもしっかりと自分と合う人だけを厳選して仲良くしている人もいるかもしれませんが、そのようにできている人って割合的にはどうしても少ないかなって思います。 何故かと言いますと友達が多い人って相手の良い部分だけでなく欠点も受け入れられるからこそ、友達が増えているからなんです。 それが必ずしも悪い事ではないですし、良い部分とも言えますけども、友達が少ないタイプの人がもし急に友達が増えてしまった場合、上手く対応ができなくなる可能性が高いです。 だからこそ友達が少ない人にとっては友達が少数で本当に気が合う人だけ仲良くしているってのが理想的なわけなんです。 友達が少ないメリットの3つ目として、友達が多いとなんだかんだで頻繁に色んな友達から連絡がきますし、縛られてる感じにもなってしまうんですね。 でも友達が少ない人ですと、そういう友達に縛られてる感じにはならないですし、少ない友達とも頻繁に会う事もしませんので精神的にも楽なんです。 こういう方は新しい友達欲しくない人ですし、これ以上は友達いないほうが楽だと考えているわけです。 根本的にあまり人付き合いをしたくない人なんですね。 友達が少ない人にとっては友達が多い人のような頻繁に連絡がくる状態って地獄だと思います。 メールやLINEの返信を沢山しなくちゃいけなくなりますし、友達が少ない人ってそういうのも基本的に面倒だと感じてるんです。 ですのでLINEすらしてない人も多いのではないでしょうか。 連絡はメールがメインだったりすることのほうが多いかもしれません。 LINEの場合は既読というのが相手にわかるのでそうなるとすぐに返事をしなくちゃいけない気持ちに襲われるので、そういうのも友達が少ないタイプの人は苦手だと思われます。 だからこそLINEをしている人の割合は少ないのではないでしょうか。 メールであればそういう既読がどうとかって気にせずにいつでも気が向いた時に返信できるというメリットがありますからね。 私もそういうのが理由であまりLINEはせずにメールを主体に利用してます。 友達が少ないデメリットの1つ目として、友達が少ないと彼女や彼氏が欲しいと思っていても友達が少ないわけなんで、友達の紹介という手はあまり使えないですし異性との出会いがなかなか得られないのではないでしょうか。 逆に友達が多い人ですと友達が友達を呼ぶわけなんでどんどんそのネットワークが広がって、その人の良さを知った友達達は異性を紹介してくれる確率や回数が 高くなってくるんです。 :それだけ恋愛的な意味で言えば友達が多い人のほうが数の力で圧倒的に有利になるわけです。 それにって凄く高いのも有利な部分なのです。 でも最近は友達経由を頼らなくても出会いを増やすチャンスはあります。 例えばSNSや出会い系サイトなどを利用すれば周りに知られずに、こっそり出会いの幅を広げられますし、街コンや出会い関連のパーティーもあちこちで開催されてるんで友達が少なくて出会いがない人ならそれらを利用すれば問題なく出会いを見つけられるでしょう。 例えば、友達が多い人ですと、自分がしようと思ってなかった事でも誘われてやってるうちに、どんどん良い方向に流されていって、気づくとお金持ちになってたって人も多いのです。 そういう人って、目の前に来たことをとりあえずやってみようかってなるわけなんです。 普通の人ですとチャンスが目の前に転がってきても、どこかで壁を作ってしまう場合も多いですけども、友達が多くてチャンスに恵まれている人ですと、そういう壁はとっぱらってるんですね。 あくまで自分からやろうと思ったことではなくて、こうして、多くの友達や知り合いからの誘いがきっかけで始めたものが上手くいって成功したってケースは友達が多い人の場合に多いのではないでしょうか。 こういう状態ってやっぱりそれなりの人間関係を構築してないと有り得ない事なんで友達が少ない人だと絶対にそうは成りえないわけなんです。

次の