ご教授いただく 意味。 「ご教授ください」と「ご教示ください」【意味・例文・使い方】|語彙力.com

ビジネス文書・メールで頻出!「ご教示」の意味と正しい使い方

ご教授いただく 意味

ビジネスの場では、メールや口頭で相手に何かを教えてもらいたいシーンがよくあります。 そのときに使える、正しい敬語表現をご存知でしょうか。 何かを教えてもらいたいとき、「お教えください」と言ってもよいのですが、熟語を使ったビジネスシーンに合う敬語表現としてよく目にするのが「ご教示ください」「ご教授ください」の二通りの言い方です。 字面も発音も似ている二つの熟語なので、ついつい混同して使われがちなものですが、実は意味に違いがあります。 ここでは「ご教示」と「ご教授」の正しい意味の違いや使い分け方を解説いたします。 例文も複数載せていますので参考にしてください。 ご教授の意味 「教授」とは学問や技芸を教え授けることです。 また名詞としては、大学などで専門の学問・技能を教え、またその研究に従事する職のことを指します。 動詞の文例としては「書道を教授する」「経済学を教授する」が挙げられています。 学問や技能、芸術などを、先生や講師から体系立ててレクチャーしてもらうこと、知識を授けてもらうことをイメージすればよいでしょう。 「ご教示ください」と「ご教授ください」の違いと使い分け方 それぞれ意味が異なり、使われる状況も異なるため、ビジネスシーンでは「どちらが正しくて、どちらは間違っている」と一概にいうことはできません。 文脈に応じて適切な方を選ぶようにしてください。 誤用に注意したいのは、 たんに情報を聞き出したいときに「ご教授ください」を使うことです。 意味を確認したとおり、教授は学問や技芸について教えてもらうことですから、一般にビジネスシーンでは「ご教示ください」の方がしっくりくる頻度の方が高いでしょう。 スケジュールや物事の進め方、方法をたずねる際に「ご教授ください」としてしまうのは誤りです。 このような場合は「ご教示ください」を使うようにしましょう。 「ご教示ください」と「ご教授ください」はどちらも書き言葉? 「ご教示ください」と「ご教授ください」は意味に違いがありますが、どちらも書き言葉という共通点があります。 「ご教示いただければと存じます」や「ご教授願います」など定型文として、書くときに用いられます。 話し言葉で使うと堅い印象がありますので、「お教えいただきたく存じます」や「お教え願います」、「ご指導のほどよろしくお願い申し上げます」などに変換して使うと良いでしょう。 「教授」と「享受」の違いと使い分け方 「教授」の同音異義語として 「享受」という言葉があります。 「享受」の意味は受け入れて自分のものとすること、受け入れて、味わい楽しむこととあります。 文例としては独身の自由を享受するインターネットの恩恵を享受するというものが挙げられます。 「享受」は、「教えてもらう」という意味の「教示」「教授」とはまったく意味の方向性が異なる単語です。 うっかり混同して使っていると明らかに誤用とばれてしまいます。 意味の違いを理解するだけでなく、スマホやPCでの文字入力上の変換ミスにも気をつけましょう。

次の

【ご教授】と【ご教示】の意味の違いと使い方の例文

ご教授いただく 意味

「ご教示ください」の意味は「知識や方法を教えてください」 ご教示」は、「 ごきょうじ」と読みます。 「ご教示ください」は 「教示」という言葉に、尊敬を表す接続語の「ご」、「くれ」の尊敬語である「ください」をつけた言葉です。 「教示」は「 知識や方法などを教え示すこと」を意味しています。 「ご教示ください」は相手に敬意を示す表現のである「ご」に、「ください」という尊敬語 「がついている言葉なので、「相手に教わりたい」という場面で使用される言葉です。 例えば、ビジネスシーンなどのかしこまった場面で、やり方がわからないというときに質問したり、対処の方法について尋ねる場合など「知識や方法などを教えてください」という意味で使われます。 また、「ご教示」は「指示を仰ぎたい」というような アドバイスを求める場合にも使う言葉です。 例文 「何かお気づきの点があればご教示のほどよろしくお願いいたします」 「お忙しいところ申し訳ありませんが、請求書の作成方法についてご教示いただきたく存じます」 「お時間のあるときにぜひお目にかかりご教示いただければ幸いです」 「今後の売上向上に向けて改善点があればご教示いただけますでしょうか」 「ご教授ください」の意味は「学問・技術・技能などを教えてください」 「ご教授ください」は、「 ごきょうじゅください」と読みます。 「ご教授」は、 「教授」という言葉に、尊敬を表す接続語の「ご」をつけ、「くれ」の尊敬語である「ください」をつけた言葉です。 「教授」の意味は、 学術、技芸などを教えること。 養護、訓練とならぶ教育上の基本的な活動、作用のことです。 また、 大学、高等専門学校などの教育機関で、専門の学術、技芸を研究し教える人、その官名または職名という意味もあります。 「ご教授ください」は、「 専門的な知識や技術を教え授けてください」というような意味で使用され、 専門的な知識や技術をある程度の期間、継続的に教えてほしい場合に使います。 例えば、楽器やスポーツなどの習い事に関する場面などです。 「ご教授」は、短時間でさっと教えられるような内容に使うものではない為、例えばメールなどで、「ご教授いただきたいのですが」と軽く質問してしまうと失礼にあたる場合があるで、 メールや文章で使用する場合は注意が必要です。 例文 「この道を極めたいならプロのご教授を願うべきたど考えました」 「一人暮らしを始めるので私に料理の基礎をご教授いただけませんか?」 「これからも末永くご教授願いたく存じます」 「先生方のお陰で、上位入賞という目標を果たせました。 今後ともご教授賜りますようお願いいたします」.

次の

「ご教授ください」と「ご教示ください」

ご教授いただく 意味

「ご教導」という類語表現も類語として定着しています。 漢字のごとく、教え導いてもらうということを丁寧に言いあらわした敬語です。 「ご教示」や「ご教授」より、もっと大きな範囲の教えをお願いするときに用い、頻繁に使うワードではありません。 ひとりの人を教えるということよりも、もっと大きな組織、たとえば国や企業などの基礎を築くなどのとても大きな範囲の指導についても含むことができる表現です。 また、学問や宗教思想などの大きな理念を形作ったりするというケースにも使われます。 このフレーズを自分個人に教えてくれたということに対するお礼として述べることによって、とても大きな感謝の念を持っていることを表現することも可能です。 「ご教導」の使い方• Please enlighten me(ご教示ください)• It would be greatly appreciated if you could explain the details. (ご教示ください)• Is it possible to have your advice on how to make an effective presentation material. (効果的なプレゼン作成をご教示ください)• Please give me a lecture. (ご教授ください)• I must thank you for your kind instruction. (ご教授くださり、ありがとうございます。 would you let me know how to make. (どのように作るのかをご教授ください。

次の