ノート ファン うるさい。 HPノートブックPC

ノートパソコンのファンがうるさい!原因や対処法を紹介

ノート ファン うるさい

このブログをざっくり説明すると• 経年劣化したパソコンによくある症状のファンの騒音 先日、お客様のからノートパソコンのHDDの故障によりSSDの交換を行いました。 その後は設定を行うのですが経年劣化をしているパソコンは購入当初よりも熱を帯びやすくなっており、どんどんパソコンが熱くなるとCPUファンという扇風機のようなものでパソコン内部を冷やしてくれるありがたい部品があるのですが、これがかなりの騒音。 外観では「 汚れがたまっているのか」または「 CPUファンの軸となる場所の滑りが良くないか」は判断ができませんので開墾して確認するしかありません。 慣れている方は音で判断できるようで、 騒音は軸にグリスが足りず、無音はホコリか、または通電していないかの3択と言われております。 そこで今回は騒音ですのでCPUファンの軸にグリスを塗り、静音化してみたいと思いました。 グリスアップをしてみよう ノートパソコンをウラにして、ネジをほぼすべて取り外し開墾しCPUファンの取り外しからグリスアップ グリスを塗りつけること を行います。 ここからは写真ごとに説明を入れますので参考にしてくださいね。 ファンをヒートシンクに戻したら グリスアップ処理完了です ついでにCPUグリスも塗りなおそう グリスアップが終わりましたら、CPUとヒートシンクの熱伝導を良くするために シルバーグリス 先ほどとは違うグリスなので注意です! を塗りなおしておくことを強くおススメします。 まずは付着しているグリスをアルコールなどできれいに全てふき取り、その後シルバーグリスをCPU側に伸ばしこむように塗れば完了です。 驚くほど静音になりましたよ 全てのネジをもとに戻して配線が断線しないように確認して戻して電源を入れて少しだけパソコンを使ってみます。 アプリケーションソフトなどを起動しパソコンの負担がかかればファンが強く回りますので音を確認してみてください、 排熱口から風が出ていて音が静かになっていれば成功ですよ。 このように少しの手間でファンの騒音が解消されますので、パソコンの分解が苦手な方でもパソコンの開墾まで出来ればあとは比較的楽な作業ですので、ファンの騒音でお悩みの方はお試しください。 もし分解が苦手で少し怖い・・・という方はお問合せ頂ければ 2,000円程でグリスアップ処理を行いますのでお気兼ねなくお申し付けください。 また格安で受けているため空き時間での作業となりますのでお預かりさせて頂くことをご理解頂ければと思います。

次の

ノートPCのファンがうるさいのは冷却クーラーやパッドで解決するのか

ノート ファン うるさい

MB-B502Eに限らず、マウスコンピューターのノートパソコン共通の画面のようです。 マニュアルにも書かれていません。 暫くすると、以下のような画面が起動されます。 Control Center画面で「静音」を選択すると、 静音モードとなり、直にファンの音が小さくなります。 画面下部に「システムプログラム」という項目があり、選択すると、 各モードごとに、更に細かく制御することができます。 ファン速度を「SILENT」にすると、全く気にならない程度の音量になります。 静音モードにしてみると... ただし、上記、Control Center画面で「静音」にすると、 CPUの稼働率が下がります。 つまり、、、 パソコン全体の動作が重くなります。 私はtwitterとかfacebookとか、ブラウザでもfirefoxを使っていますが、 明らかに、今まで簡単に表示されていた画面が表示が遅くなりました。 急いでいるときや、轟音でも気にならない時は、 エンターテイメントモードでもいいのかなって気もしています。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 【国認定】パソコン無料回収・処分・廃棄【リネットジャパン】 パソコン回収してくれる場所が見つからない。 パソコン本体を含まない(例:ディスプレイのみ)や小型家電のみは通常料金となります。 MB-B502E。 詳細はこちら。

次の

【Windows10】CPUの使用率を下げて放熱やファンの回転数を抑える方法

ノート ファン うるさい

今回は、電源を入れるとすぐにファンが高速回転して、ファンの音がうるさいので、クリーニングをして欲しいというご依頼です。 パソコンを購入してから何年か経っているので、ファン自体の劣化も考えられますので、クリーニングと一緒に新品のファンへの交換をお勧めさせて頂きました。 クリーニングのみとファン交換の金額の差は、部品代のみですので交換する方がお客様にとってはお得です! 即日修理のご希望だったのですが、店内にCF-LX3の新品在庫が無かったので、修理のお申込みをして頂き、部品の発注を行い、後日部品が届いてからお客様に再度ご来店頂いて、即日にて修理を行いました。 さて、分解をしていきます。 レッツノートの分解は、スクリューが多いので大変です。 裏面のスクリューを全て外したら、 キーボートの部分(トップケース)を少し持ち上げます。 注意!!中々、外れませんよ〜 写真のキーボードのフレキケーブルを外します。 トップケースが外れた状態です。 ここからが、大変な分解作業になりますが… 一気にマザーボードを取外しました。 ファンとヒートシンクをマザーボードから外すとCPUのグリスが完全にカチカチに硬化してます。 これでは、排熱がちゃんとされませんよね。 ファンの回り方も遅く、重くなってます。 ファンの経年劣化ですね。 CPUには、メーカー純正のグリスを付けて、純正新品のファンを取付けました。 新しいファンは、ちょっと風を送るだけでも回り方が全く違います!! PC内のホコリをエアーコンプレッサーなどを使って完全にホコリの無い状態になるまでクリーニングします。 元通りに組み上げて、ファンが静かに快調に回っています。 ハードウェアテストを行っている画面です。 ハードウェアテストにパスし、OSの正常起動確認が終わりました。 後は、外装のクリーニングで完了です。 熱い夏が来る前にファン交換と内部完全清掃を行うことは、パソコンにとって最高のメンテナンスです!! 皆さんもいかがですか〜? PC修理 「異音がする・熱い」の症状は?(修理に関する参考費用はこちら)•

次の