ホルモン バランス を 整える サプリ。 タイプE:ストレスでホルモンバランスを崩しがちなあなたに必要なのは、「木」の要素をもつサプリ

女性ホルモンを整えるサプリメントのおすすめ5選!増やす方法とは?

ホルモン バランス を 整える サプリ

女性ホルモンバランスを整える食べ物とは? 巷には、女性ホルモンを増やしたり、整えたりする様々な方法が溢れていますが、普段から食べるものに少し気を付けるだけで効果が見込めることも。 サプリや薬などのように注意も要りませんし、手軽にスタートできる方法です。 では、どの食べ物が女性ホルモンに有効なのでしょうか。 代表的なものをご紹介していきます。 1-1. 大豆食品 豆腐や豆乳、納豆などに含まれる「イソフラボン」が女性ホルモンに有効であることは有名です。 このイソフラボンは女性ホルモンの1つである、エストロゲンに似た性質を持っているため、加齢とともに分泌量が減ってしまうエストロゲンの代わりに摂取すると良いと言われています。 また、大豆食品には女性ホルモンの代謝とバランスを整えるビタミンB6も豊富に含まれているため、積極的に摂取したい食べ物です。 1-2. かぼちゃ ビタミンEが豊富に含まれているかぼちゃ。 ビタミンEは脳下垂体や卵巣に働きかけ、ホルモンの分泌をコントロールしてくれる役割があります。 ビタミンEは抗酸化作用があるとも言われており、老化や肌トラブル、生活習慣病の予防などにも作用してくれる女性にとって嬉しい成分です。 1-3. 卵 卵に多く含まれる良質なコレステロールは、女性ホルモンの材料になるためのもの。 コレステロールがないと、正常にホルモンが分泌されなくなってしまいます。 また、卵に含まれるグルタチオンというアミノ酸は活性酸素を除去する役割も持っており、摂取することで身体の老化防止も期待できます。 1-4. キャベツ キャベルに含まれているボロンという成分は、エストロゲンの分泌を高めると言われています。 さらにはエストロゲンの濃度をあげたり、肌の自己再生力を高めたりしてくれるそう。 濃度の高いエストロゲンが多く分泌されると、皮膚が水分と油分のバランスをベストに保ち、肌自身が保護膜を作り出すのです。 1-5. ナッツ類 ナッツに含まれるオメガ3系の脂肪酸には、イライラを解消する効果があります。 女性ホルモンの分泌を司る脳下垂体はストレスに敏感なため、ナッツを摂取してストレスを解消するのも良いと思います。 特にアーモンドは、加齢によるホルモンバランスの低下、酸化、糖化を全て防止・改善してくれる優秀な食品。 抗酸化成分も多く含まれており、様々な効果が期待できます。 効果のメカニズム 女性ホルモンのひとつに、エストロゲンというホルモンが挙げられます。 エストロゲンは、月経、妊娠、肌が艷やかになる、肌の水分量を調節する、髪の毛を増やす、ハリのあるバストにする、コラーゲンを増やすなどの作用があると言われています。 そのエストロゲンに良いとされている代表的な食べ物が大豆食品です。 この大豆食品を例にとって、食べ物が女性ホルモンに効果を発揮するメカニズムを見ていきましょう。 大豆食品がなぜ女性ホルモンに良いとされているかというと、大豆イソフラボンが豊富に含まれているから。 この大豆イソフラボンは、化学構造式がエストロゲンにそっくりで、働きも非常に似ているとされています。 しかも、大豆イソフラボンは非常に優秀な成分なのです。 実はサプリメントなどでエストロゲンを直に摂取するとホルモンバランスに異常をきたすことも。 摂取量が多すぎて、逆に女性ホルモンが過多状態になってしまい、分泌バランスが崩れてしまうのです。 一方、大豆イソフラボンは、過剰摂取すると副作用によって警鐘が鳴らされます。 1日あたりの大豆イソフラボンの摂取目安量の上限は70〜75mg。 これは納豆1パック程度です。 普通に食べている分には特に注意する必要はありません。 食品から摂取する大豆イソフラボンは、非常に扱いやすいと言えます。 効果を高める食べ方 女性ホルモンに良い食べ物や、身体への作用をご紹介してきましたが、食べ方にも工夫が必要です。 より効果を実感できる食べ方やレシピを押さえて女性ホルモンを活性化させ、素敵な女性へ一歩踏み出してみましょう。 それを改善するために、赤身肉・魚の赤身・ナッツなどビタミンB6を多く含む食べ物を摂っていきましょう。 また、レモンやキウイなどの酸味の強いフルーツを多めに摂り、ビタミンCを積極的に摂取することも大切です。 これらは女性ホルモンの正常な分泌には欠かせない要素。 そのため、偏ることなく、万遍なく肉も魚も摂取するようにしましょう。 自律神経を正常に働かせるためには、毎朝交感神経のスイッチを入れることが大切。 それに一役買っているのが、朝食です。 食べ物を噛むことで脳が活性化され、胃に食べ物が入ることで身体も活性化されます。 きちんとした朝食を摂ることがむずかしいようであれば、バナナやゆで卵でも良いので何か食べる習慣をつけましょう。 例えば、卵。 肌に良いとされているビオチンという成分は、加熱することで吸収率がUPするのです。 内臓の機能もアップしますから、女性ホルモンバランスの改善とともに、身体もデトックスされ、嬉しいことだらけです。

次の

女性ホルモンバランスを整える処方薬・漢方薬と副作用について

ホルモン バランス を 整える サプリ

自律神経とホルモン分泌の指令を出すコントロールセンターはどちらも脳の視床下部という場所にあり、お互いに影響し合っています。 そのため、どちらかのバランスが乱れると、もう片方も不調に陥ることに。 そこで、ホルモンバランスの乱れを改善するには、自律神経が多く分布している背骨周りを柔軟に動かしてこわばりをほぐして緩めることと、ゆったりとした呼吸で体を休め、落ち着かせることが有効とされています。 ところで皆さんは日頃、デスクワークなどで猫背の姿勢を続けていることありませんか?その状態では背骨の自然なS字カーブも崩れて筋肉が硬くなり、背骨の柔軟性が失われます。 そして背中で支えられなくなった上半身の重さによって腰にも負担がかかり、腰の筋肉も硬直するのです。 腰の筋肉の硬直は、近くを通る自律神経系を介して生殖器へ伝わり、その活動を鈍らせます。 生殖器(卵巣)では女性ホルモンの分泌が行われるため、生殖機能低下は女性ホルモンの分泌量の変化に繋がるといわれます。 猫背は、体の背面だけでなく、胸の前側や首周りの筋肉が緊張する原因にもなります。 これにより、のどにある甲状腺にも負荷がかかり、全身の新陳代謝に作用するホルモンの分泌量にも変化が。 日頃の姿勢のクセから徐々にホルモンバランスを崩していく前に、5分でできるヨガポーズを通して深い呼吸をしながら背骨を動かし、健康的なS字カーブの背骨を取り戻しましょう!• かかとの上にお尻を乗せて正座になり、背筋を伸ばして一度深呼吸をしてから、両膝を肩幅くらいに開きます。 背筋を伸ばしたままゆっくりと両手を前について四つん這いになります。 肩の真下に手のひらが来るように位置を整えましょう。 背筋が丸まらないように常に頭頂とお尻で引っ張り合い、腰の自然なアーチを保っておくことがポイント。 (自然なアーチとは仰向けに寝ころんだ時に手のひらが一枚分入るくらいです。 四つん這いになったら、骨盤は固定し、背骨の一つ一つを伸ばすように背筋を引っ張ります。 深呼吸を繰り返しましょう。 この体勢を5呼吸キープします。 次に肩の真下に手首の位置を保ったまま、背骨をお尻に向けて引っ張り、背中と腰のこわばりを緩めます。 深呼吸を繰り返し、5呼吸キープします。 背骨を引っ張り合ったまま、ゆっくりとお尻をかかとへ下ろし、両膝を軽く閉じて正座に戻ります。 背筋を伸ばして深呼吸をしましょう。 これを3回繰り返します。 つま先は真後ろに伸ばし、かかとの上にお尻を置いて正座で座ります。 頭頂と肋骨を天井へ引き上げ、お尻はかかとにどっしりと置いたまま深呼吸を一つしましょう。 背骨の伸びを保ち、腰に自然なアーチを保ったまま、ゆっくりと四つん這いになります。 手のひらを一枚分前に移動させ、肩の真下に手がくるように重心を前にスライドさせましょう。 手のひらではしっかりと床を押し、肘は少し緩めておきます。 肩の位置は変えずにお尻を対角線上に引っ張り、背中と背骨を伸ばします。 自然なアーチがある腰にし、その背骨を保ったまま、つま先を立ててお尻を斜め上に引き上げましょう。 お尻が頂点の三角形になるように頭頂とお尻で引っ張り合います。 背骨を長く伸ばすことが目的ですので、腰が丸まってしまうようなら膝を軽く曲げておきましょう。 深呼吸を繰り返し、3呼吸キープします。 両膝を床に優しくついて正座の姿勢に戻ります。 これを3回繰り返しましょう。 いかがでしたか?いつも行っているポーズかもしれませんが、ゆっくり、意識的に体の使い方と呼吸を行うことで、じんわり、じっくりと背中のこわばりを緩めることができます。 ポイントは意識を体と呼吸に置き続けること。 女性ホルモンのバランスを自分で整えて毎日を快適に!ぜひ試してみてくださいね。

次の

タイプE:ストレスでホルモンバランスを崩しがちなあなたに必要なのは、「木」の要素をもつサプリ

ホルモン バランス を 整える サプリ

女性の美と健康に関わる重要な「女性ホルモン」ですが、正直よく分からないという方も多いのでは? 「女性ホルモンってそもそも何?」「女性ホルモンにはどんな種類があるの?」 「女性ホルモンを増やす方法はあるの?」など、多くの方が思う様々な疑問。 特に40代以降の女性が感じる心身の変化には、この女性ホルモンが大きく関係しています。 ホルモンバランスを整えたり、活性化させたり、あるいは女性ホルモンに似た働きをする成分を摂ることで、女性ホルモンバランスの乱れに対策することができます。 この対策に、女性ホルモンを増やすという事を考えられる方もいらっしゃいますが、実際には女性ホルモンを増やす事はできませんし、過剰な女性ホルモンは健康を損ねることも。 妊娠をつかさどる 黄体ホルモン:プロゲステロン プロゲステロンは受精卵の着床のために子宮内膜を整えたり、基礎体温を上昇させたりする働きがあるなど、妊娠維持に活躍します。 体内に水分を保つ作用もあり、生理前に体に変化が現れるのは、プロゲステロンの働きと言われています。 この2つの女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」は、月経と連動し、 一定の周期でそれぞれの分泌量のバランスを変化させます。 まず生理後はエストロゲンが一気に増加。 ピークを迎えた後、減少しつつある時に排卵が起こります。 一方、排卵前から少しずつ増加していたプロゲステロンは、排卵後エストロゲンと共にさらに増加しますが、生理前にはその両方が減少します。 この周期は約28日というスパンで発生しますが、女性の心身の変化は、この「エストゲン」と「プロゲステロン」の分泌量バランスが変化したときに現れます。 女性が一生のうちに分泌する女性ホルモンの量は、ティースプーン1杯ほど。 そのわずかな量に、女性の美と健康が関与しているのです。 そして結論として言ってしまえば、この女性ホルモンを増やすことはできません。 なぜなら、その分泌量は年齢と共に大きく変化し、そのピークは20代後半から30代前半。 30代後半になるとその分泌量は徐々に低下をはじめ、その後は減少を続けるのみ。 卵巣の中の卵胞が減り、特に閉経前後の45〜55歳には激減していきます。 さらにこの年代は生活環境的にも家庭や仕事で、疲れやストレスがたまりやすく、若い頃のようにムリが効きにくくなるためホルモンバランスが乱れがちです。 女性ホルモンをコントロールする方法! 女性ホルモンの分泌量は年齢と共に減り、50代後半になると、卵巣はわずかな女性ホルモンしか分泌しません。 何らかのタイミングで女性ホルモンが増えることもなく、女性ホルモンは年齢と共に減少を続けるのみです。 一方、この女性ホルモンの減少に対しての様々な対策は可能です。 重要なのは、女性ホルモンを増やすという考えではなく、「女性ホルモンをコントロールする」「女性ホルモンを補う」という考え方を持つこと。 加えてここでは、自分で手軽にできる対策をご紹介します。 バランスの良い食事 そもそも、女性ホルモンを増やすような特別な食事は存在しません。 しかし、バランスの悪い食生活は女性ホルモンにも良くありません。 肉や魚、大豆のたんぱく質、野菜、炭水化物、少量で良質な油をバランスよく摂るよう心がけてください。 特に良いとされるのは、納豆や糠漬けなどの発酵食品、ネギ、ゴボウ、バナナなどのオリゴ糖、食物繊維などを多く摂取して腸内環境を整えること。 食生活を和食中心にしてみることもオススメです。 良質な睡眠 睡眠不足になると、自律神経のバランスが崩れ女性ホルモンにも悪い影響が。 遅くとも12時には寝て7時間の睡眠を確保し、寝る前2時間は食べない、寝る直前のパソコンや携帯電話は控える、寝る前の熱いお風呂は控える、などの睡眠の質を上げる心がけをしてみて下さい。 女性ホルモンを増やすことは叶いませんが、心身からホルモン対策をすることができます。 カラダを積極的に動かす 増やすことができない女性ホルモン。 しかし、カラダを動かし、血行とカラダの代謝を良くすることで、女性ホルモンにも良い影響を与えることができます。 暮らしの中に軽い運動をまめに取り入れていくことが大切です。 とくにヨガやストレッチは、ゆっくりカラダを動かせるうえ、深く呼吸をすることでカラダの緊張がやわらぐため、より効率的。 デスクワークをしている方は、特にこの血行と代謝が悪くなりがちなので、1時間に1回は立ち上がっての背伸びがオススメです。

次の